犬の散歩のしつけ方のコツ

豆知識015
犬にとって散歩は、一日の内でも特に嬉しい出来事。大好きな飼い主と一緒に散歩を楽しめるということは、犬にとってこの上ない喜びなのです。
 
しかし、屋外には様々な障害や危険があり、犬が勝手な行動をとると、ケガや事故といった不幸を招く場合もあります。そういった事態を回避するために重要となるのが、犬の散歩のしつけです。
 
今回は、犬の散歩のしつけの中でも特に重要な「ツケ」についてご説明したいと思います。

「ツケ」とはなに?

ツケとは、散歩などに出かけて歩いている時、飼い主の歩調に合わせて隣で歩き、止まると同時に止まるという状態のことを言います。
 
ツケができるようになると、犬は常に飼い主の傍らを歩くことになるので、勝手に先へ先へと歩かなくなりますし、急に道路へ飛び出すということも防ぐことができるので安全が確保できるという訳です。
 
またツケを活用すると、散歩中、周囲の人や犬に対する飛びかかりなどを防ぐことも可能になります。
 

ツケの基本的なしつけ方

まずは飼い主の左側につくことを教えます。左手にリード、右手におやつを持ち、犬におやつをみせながら、自分の左側につくよう誘導します。
 
犬が左側に立ったら、あまり離れないようリードを短めに持ち、おやつを見せながら飼い主と視線を合わせるようにさせ、アイコンタクトを取りながらゆっくりと歩きます。この時「ツケ」と声をかけながら歩き、歩調を合わせて歩けるようになったら褒めておやつを与えてください。
 
犬の集中が途切れないように、右手に持っているおやつを見せたり隠したりしながら注意を引くようにしましょう。
 
そして慣れてきたら徐々におやつをなくして練習をしてみましょう。何度も繰り返していると、おやつを見せなくても「ツケ」の言葉だけで、きちんと傍らについて歩くようになります。初めはなかなか言うことを聞いてくれないかもしれませんが、焦らずゆっくりと犬のペースに合わせてしつけしていきましょう。
 

様々な歩き方に対応させる為のポイント

しっかりと傍らについて歩けるようになる頃には、犬は度々飼い主に対してアイコンタクトを送るようになります。これは、歩いている最中も、飼い主に意識を向けている証拠でもあります。
 
ここまでくると、飼い主の歩調に合わせて歩くための土台は固まっているので、歩いている途中に左右に曲がったり、ジグザグに歩いてみたり、Uターンしたりしてみましょう。
 
この練習の際に忘れないでほしいのが、犬がちゃんとクリアできたらご褒美をあげる、言葉を使ったり体を撫でて褒めてあげるということ。ただの「しつけ」ということではなく、犬にも「楽しさ」を感じてもらえるよう工夫しながら行うことができれば、よりスムースに行うことができます。
 
万が一、犬が前に先行してしまったり言うことを聞かない場合は、リードをうまく使って犬に合図を出しましょう。
 
リードを引っ張るのも有効な手段ですが、一旦リードをゆるませてその後にすぐにピンと張るという行為で、リードを少しだけ犬の体に触れさせてこちらの意図を伝えるのです。
間違った行動をした場合は、その場でしっかりと教えてあげることが大切です。
 

なかなかうまくいかない時の対処法

ツケのトレーニング中によく見られる問題、トラブルには以下のようなものがあります。個別に対処法をまとめましたので、参考にしてみて下さい。
 

おやつに飛び掛かってくる

おやつを持った手が高い位置にある、犬が届かない場所におやつがあるとそれに手が届くまで飛びつこうとします。ツケのトレーニング中は、おやつを持つ手を犬の口の位置まで下げてキープすることを心がけましょう。
 

飼い主の先へ行こうとする

犬が進もうとしている方向とは逆の方向に歩みを進めてみてください。自分の思い通りにならないということをしっかりと教え込まなくてはいけないからです。犬がちゃんと方向転換ができたら、すぐに褒める、ご褒美を挙げるといった行動を取り、「飼い主の前を歩かなければ可愛がってもらえる」ということを覚えさせます。
 

ツケというと途中で立ち止まってしまう

おやつを立ち止まって与えると「ツケ=立ち止まること」と覚えてしまう場合があります。練習を行っているときにご褒美をあげるときは、常に歩きながら行うことを心がけてください。
 
ツケがしっかり習得できると、散歩する姿がきれいになるだけでなく、交通事故などのトラブルから愛犬を守ることができます。是非、早い段階でツケをマスターし、愛犬の安全を確保してあげましょう。