スコティッシュフォールド【Scottish Fold】

スコティッシュフォールド

原産国 スコットランド(イギリス)
公認団体 CFA・TICA
毛種 短毛種・長毛種

特徴

長毛と短毛の2種類があり、体格はがっちりしています。丸い目と丸い顔に折れ曲がった耳が印象的です。
折れまがった(フォールド)耳は独特ですが、突然変異とされています。折れ耳は持って生まれるわけではなく、生後13日目から23日目にかけて折れ始めます。遺伝的に折れ耳になるのは全体の3割強から5割くらいと言われています。折れ耳にならなかった立ち耳の猫はスコティッシュストレートと呼ばれています。
「人間のよう」「プッダのよう」と言われるような独特の座り方をすることがあり、スコ座りとも呼ばれます。

性格

人懐こい性格で、子どもや同居動物との相性も良く人見知りもしないので、環境の変化に対する適応力があります。
賢く、好奇心が強く、家族と共にいることを好みます。活発な面とおとなしい面がバランス良く共存していて飼いやすい猫種です。
鳴くことは多いですが、鳴き声が小さいのも特徴です。

毛色

短毛、長毛ともに、白、黒、レッド、クリーム、ブルーなど非常に多くの毛色があります。また、ソリッド(単色)だけでなく、タビー(縞模様)やキャリコ(三毛)などのバリエーションも豊富です。

育て方

耳が折れているタイプは耳に汚れが溜まりやすいので、定期的な耳掃除が必要です。折れている部分も丁寧に優しくきれいにしてあげてください。
被毛は密集していて毛の量も豊富なので、定期的なブラッシングやコーミングが必要です。特に長毛タイプは週に2~3回はブラッシングをしてあげましょう。こまめにブラッシングをしないと、毛が絡まって毛玉になりやすく、毛球症をおこしやすくなります。

気をつけたい病気

近親交配が多くなされてきたことから、遺伝性疾患が多く出ることが知られています。5~6歳までに発症することが多いので、日頃からよく観察するだけでなく、定期的に動物病院で検診をしてもらうのも良いでしょう。
非常に多くみられるのは遺伝性骨軟骨異形成症で、手足やしっぽの関節部の軟骨が瘤状に大きくなり、痛みが出て歩行困難となります。禁忌とされている両親とも折れ耳で交配した場合に発生する確率が非常に高いようです。
また、内臓疾患も起きやすいとされており、心肥大や腎臓障害、尿路疾患などが知られています。

歴史

歴史の浅い猫種で、1960年代にスコットランドの小さな農場で飼われていた猫が生んだ子猫の中に、耳の折れたネコがいたのが始まりです。「スージー」と名づけられたこの猫が生んだ子猫のうちの2匹がやはり耳の折れた猫でした。その後この折れ耳は遺伝することがわかり、1966年イギリスの猫種血統登録団体であるGCCFに登録され、本格的な繁殖が行われることになりました。
しかし、骨格や聴力の異常が続発するようになり、1971年イギリスでこの猫種の登録と繁殖を中止することになりました。
その後はアメリカへ輸出されて繁殖が続けられ、1970年代までにはアメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘア、エキゾチックショートヘアなどとの交配を行うことで、遺伝性の病気の影響を小さくできると結論付けられました。1977年にはアメリカでCFAに登録され、世界中で知られる大人気の猫となりました。

アメリカン・ショートヘア【American Shorthair】

アメリカン・ショートヘア

原産国 アメリカ
公認団体 CFA・TICA
毛種 短毛種

特徴

骨太な体格で筋肉もよく発達しているため、どんな環境にも適応して生きられる生命力に満ちた猫種です。瞳はくりんとしたアーモンド型で、しっぽは長く、短毛ながら厚い被毛に覆われています。

性格

基本的には大変明るく好奇心旺盛です。その上に高い身体能力を備えているので、時にはやんちゃが過ぎることもあります。
孤独好きで、時に抱っこされると嫌がることがあります。この猫種の個性と受け止めて、寄ってきたときはそっと撫でてあげるなど柔軟に対応してあげると良いでしょう。
臨機応変に賢く振る舞うこともできますが、トイレの場所を覚えるのはあまり得意ではありません。

毛色

日本でよく知られている銀灰色のほかにも黒、白、銀、クリーム色、赤、茶色、青など非常に多くの毛色があります。タビーでないソリッドカラーや、ホワイトとのバイカラーもあります。

育て方

家庭猫としての改良が続いてきたものの、ハンターとしての資質は健在なので、走り回って遊ぶことは、心身の健康のために欠かせません。多種なおもちゃで遊んであげたり、動き回りやすいように、しっかりしたキャットタワーを用意してあげると良いでしょう。
太りやすい傾向がありますので、食事管理は大切です。
短毛で、被毛は厚いもののお手入れは楽な方ですが、換毛期にはしっかりとブラッシングやコーミングをしてあげるようにしてください。。

気をつけたい病気

非常に多くの猫との交雑があったことから、遺伝疾患は比較的少なく丈夫と言われています。
かかりやすい疾患としては、ワクチン誘発性繊維肉腫があります。毎年同じ場所にワクチンを打つと、その部位に障害が起こりやすい傾向があると考えられているので、ワクチンの接種部位や、接種後の経過観察を記録しておくことが大切です。
肥大型心筋症もかかりやすい疾患で、中年齢以降の猫に多く発生します。しかし、この猫種では重症化することは少ないようです。心臓の機能が低下すると、不活発になり寝てばかりということが増えてくるので、元気がなさそうに見えたら動物病院を受診するようにしまししょう。

歴史

イギリスのブリティッシュショートヘアが直径の祖先猫で、街にも田舎にも農家の庭にもいる猫でした。移民と共にメイフラワー号に乗ってアメリカに入ってきたと言われています。当時はペットとしてではなく、穀物を荒らすネズミ退治のために飼われていました。ハンターとして大変優秀で、多くの農場や家庭で求められていました。
アメリカの農場が大規模化して穀物管理の手法が発展して以降、ハンターとしての役割は終わりましたが、特徴的な銀灰色のクラシックタビーの美しさに魅せられた愛好家の手によって、品種確立を目指して育種されるようになりました。
アメリカでは1895年のキャットショーでデビュー、日本には1980年以降に入ってきたとされています。

マンチカン【Munchkin】

マンチカン

原産国 メキシコ
公認団体 TICA
毛種 短毛種・長毛種

特徴

突然変異的に発生した猫種で、短い足で歩き方がかわいいということで人気です。しかし短足の猫同士のかけ合せは死産する可能性が高く、短足と通常の足長猫をかけ合わせるため、短足猫が生まれる確率は全体の2割程度です。ですから、短足、中足、普通の猫と変わらない長さの種類があります。
短毛種長毛種どちらも存在し、瞳の色もアンバー、グリーン、ヘーゼルなど、さまざまな色のタイプがあります。

性格

穏やかな性格で、他の猫や別の動物種と一緒でも問題なく飼育できます。
大変陽気で好奇心が旺盛です。おとなになっても衰えずに、おもちゃなどにも興味を示して元気に走り回ります。
人間に慣れやすく、初めて会う人にもなつくことが多いです。

毛色

歴史上さまざまな猫種と交配されてきたために全カラーが公認されており、バリエーションが多いところが魅力でもあります。

育て方

体は小さいですが、非常にパワフルでスピードにあふれているので、遊ぶためのおもちゃやスペースは十分に準備してあげましょう。また活発なので、留守番をさせる時は、入ってほしくない場所には行けないように制限したり、誤飲を起こさぬよう細かいものなどは片づけておくことも大事です。
足が短いので一般の猫に比べて跳躍力が劣る傾向があります。体格に合わせてキャットタワーの高さを調整してください。
長毛種は週2~3回、短毛種も定期的にブラッシングまたはコーミングしてください。

気をつけたい病気

マンチカンは現在も雑種猫との交配が認められていることもあり、遺伝的な疾患は少なく丈夫です。一般的な寿命は10~13歳とされていますが、両親とも短足タイプで短足の子猫は、原因不明の突然死などにより寿命が短くなる傾向があります。
短足ですが、ダックスフンド犬のように極端に胴長ではないため、脊椎についての問題は少ないようです。
高齢期、運動量の低下により肥満になることがありますが、糖尿病やヘルニアの原因となるので注意が必要です。また慢性腎不全が起こりやすいことが知られています。多飲多尿の症状があれば腎不全の可能性があるので、気になったら動物病院で血液検査を受けると良いでしょう。

歴史

他猫種に比すれば歴史は浅いものの、突然変異体としての短足猫の存在は古くから確認されてきました。1944年にイギリスのジョーンズ博士によって初めて報告されたと言われています。
本格的な繁殖が始まったのは、1983年に米国ルイジアナ州で突然変異の短足猫が発見されてからです。車の下で暮らしていたところを保護されたその猫は、様々な研究対象とされ、遺伝学上の検査結果健康体であることが確かめられました。以降、通常の足を有する個体との交配を試みたところ、同様の短い脚を持つ子猫が誕生しました。その後ブリーダー主導による突然変異体を用いた異種交配の計画が始まり、これが論争を巻き起こしました。交配を積極的に肯定する人々と、遺伝的な異常であるから公認は避けるべきとする人々との衝突となったのです。
1980年代から北アメリカの地にて繁殖が続けられた末に、1995年、ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション(TICA)から新種として認定されました。