シーズー

シーズー【Shih Tzu】

シーズー/ペット図鑑

原産国 中国
体重 4kg~7kg
体高 20cm~28cm
グルーブ 9G

特徴

目は大きく垂れ耳で鼻ペチャです。咬み合わせはアンダーショット(下の切歯が上の切歯より前方に出ている)であることが好ましいとされています。被毛は美しいダブルコートで、全身が長い毛で覆われています。一生伸び続けるのが特徴でフルコート(あえて被毛を長く伸ばすこと)にしてシーズーならではのスタイルにすることもあります。

性格

人懐こくて甘え上手、他の人や犬にも友好的です。大人しく無駄吠えも少ないので初めて犬を飼う人に向いています。遊び好きで活発な面もあるので一緒に遊んであげると喜びます。反面、プライドの高いところがあるので自分の気に入らないことがあると吠えたり噛んだりすることがあります。

毛色

ゴールド、ブラック、ホワイト、シャンパンなどのソリッドカラー(単色)やゴールド&ホワイト、マホガニー&ホワイトなどのパーティー・カラー(2色)など、あらゆるカラーが公認されています。日本やアメリカではパーティーカラーが人気ですが、ヨーロッパではソリッドカラーも珍しくありません。

育て方

太りやすいため散歩などの運動が必要です。散歩は、1日に最低でも20分は行ってください。また、かなり食欲旺盛なので甘やかさずに食事の量はきちんとコントロールしましょう。
被毛は絡まりやすいので毎日のブラッシングが必要です。ブラッシングを怠ると、すぐに毛玉になり、放置すると取り除くことが難しくなりカットするしかなくなります。特に、フルコートを目指して伸ばしている場合は念入りにブラッシングを行いましょう。
被毛が長いため夏の暑さがとても苦手なので室温管理は大切です。室内温度は25度前後を常に保つようにしましょう。
幼い時のしつけによってその後の性格が変わるため、子犬の時から充分なしつけを行ってください。しつけを行う場合、人間が大好きなので聞き分けは良いですが、頑固でプライドが高い面があるので、しかり方には注意が必要です。褒めて伸ばすようにすると良いでしょう。

気をつけたい病気

短頭種で長毛種、垂れ耳であるなど、独特な特徴があるゆえにかかりやすい病気があります。普段と違う様子が見られるときはすぐに動物病院を受診しましょう。
鼻腔狭窄は、短頭種によくみられる病気の1つで、生まれつき鼻の穴が狭く、常に苦しそうな状態になります。
脂漏性皮膚炎は、皮膚から分泌される脂が多いため皮膚に炎症が起こる病気で、強いかゆみを伴います。
遺伝的に白内障になる子が多く、発症すると目の中にある水晶体という部分が白く濁ることで視界が悪くなり、最悪失明します。早期発見ができれば、点眼や投薬治療を行い進行速度を遅らせることができます。
外耳炎は、垂れ耳の犬種に多く見られる病気で、耳の周囲をかゆがります。

歴史

中国の王宮で数百年に渡り飼育されていたペキニーズと、チベット地方原産のラサ・アプソとを交配して作り出したいわれ、神の使者として神聖視されて、獅子狗(シー・ズー・クウ)と呼ばれていました。獅子は中国では神聖な動物で、長い頭部の髪がライオンに似ていたからではないかと言われています。
1930年にイギリス人の旅行者が中国から持ち帰ってヨーロッパに紹介されましたが、ラサ・アプソとの区別がはっきりしていなかったため、初めはケンネル・クラブでは同一犬種として扱われましたが、1934年に分離独立しました。
1969年アメリカン・ケンネル・クラブに第1号が登録され、日本には1963年頃に紹介されたとされています。