ボーダーコリー【Border Collie】

ボーダーコリー/ペット図鑑

原産国 イングランド(スコットランド)
体重 20kg前後
体高 53cm前後
グルーブ 1G

特徴

やや大きめの中型犬で、体高よりも体長のほうがやや長く、バランスの良いスマートな体型をしています。反射神経や瞬発力、持久力に優れており、素晴らしい運動能力を持っています。また柔軟な体をしているため、素早い動きが可能です。
被毛は長毛と短毛の2タイプあり豊富で滑らかな手触りです。耳は直立または半直立で、豊かな毛の長い尾は静止している時は垂らして保っています。

性格

全犬種のなかでもトップクラスの頭のよさを誇ります。作業意欲が強く洞察力があるので、自分で状況を判断して行動することができます。
家族には大変愛情深く忠実です。知らない人や他犬には神経質になる場合があり、家族と作業することを好む傾向があります。

毛色

さまざまな毛色が認められいて、ソリッド(単色)カラー、バイカラーのほか、複数の色が混ざりあるカラーも存在します。日本ではブラック&ホワイトのバイカラーが主流です。

育て方

従順で賢いので訓練しやすい犬種ですが、あいまいな態度で接したり、甘やかしすぎたりすると無駄吠えなど悪癖の原因となってしまうので、主従関係をしっかり作ることが大切です。
運動能力に優れており非常に活動的であるため、朝夕1時間程度の散歩は欠かせません。また、知能や作業意欲も高いため、散歩のほかにアジリティの要素を取り込むなど、作業意欲を満たすことができる頭を使う運動や遊びをしてあげましょう。
長毛・短毛にかかわらずダブルコートで下毛が抜けますので、週に2~3回程度のブラッシングをして抜け毛を取り除いであげてください。

気をつけたい病気

がっしりした体格なので丈夫そうですが、他の犬種に比べて遺伝的な病気が多い犬種です。股関節形成不全、肘関節異形性は比較的多く見られ、遺伝性の素因が認められます。セロイドリポフスチン症(CL病)は脳と神経を侵す遺伝病です。発症率が極めて高いコリーアイ異常は、眼球を覆う膜の1つ「脈絡膜」が成長段階で異常を起こす病気です。
遺伝的な病気は、未然に防ぐことは難しいですが、かかりやすい病気についての知識を持ち、早期発見・早期治療に努めることが大切です。

歴史

祖先犬は、8世紀後半から11世紀にかけてスカンジナビア半島を中心に活躍したバイキングがイギリスに持ち込んだトナカイ用の牧羊犬だと言われています。土着の牧羊犬やラフ・コリーの祖先犬と交配され、19世紀末頃にはほぼ現在の形になりました。その後、ラフ・コリーなどがショー・ドッグとして人気を高めていきましたが、ボーダー・コリーは、長い間その作業能力ばかりが高く評価されて牧場に取り残されていました。
最初の犬種標準ができたのは1906年になってからのことです。ドッグスポーツや訓練競技会に参加するようになってボーダー・コリーばかりが上位を独占するようになり、その独自性が見直されたのがきっかけと言われています。今ではディスク競技やアジリティなどのドッグ・スポーツ界で大活躍する犬種となっています。
「コリー」は牧羊犬を意味し、「ボーダー」はイングランドとスコットランドの国境地域・ボーダーの地名からきたという説や国境・辺境という意味からきたという説など諸説あるようです。

ミニチュアピンシャー【Miniature Pinscher】

ミニチュアピンシャー/ペット図鑑

原産国 ドイツ
体重 4kg~5kg
体高 26cm~32cm
グルーブ 2G

特徴

体高と体長がほぼ同じスクエアな体格で、小鹿のようなすらっとした四肢を持ち、よく均整がとれています。体は筋肉質でよく引き締まっており、短い被毛は滑らかで光沢があります。「ハックニー歩様」と呼ばれる前足を高く上げて歩く姿は優美な印象です。ドーベルマンに似た体型と精悍さも備えていますが、まったく異なる犬種です。

性格

好奇心が強く非常にエネルギッシュです。人見知りするので、初めての相手に対しては時に攻撃的になることがありますが、飼い主に対しては、次第に高い忠誠心を示してくれるようになり、べったり甘えるようなこともあるようです。負けん気が強く、大きな犬に対しても向かっていくことがあり、番犬としても優秀な犬種と言われています。

毛色

単色とバイカラー(2色で構成)があり、大きく分けて3種類です。
単色…レッドと呼ばれる赤みがかった茶色から黒に近い茶色まであり、その色の加減によって、ディアー・レッド、レディッシュ・ブラウン、ダーク・レッド・ブラウンなどと呼び分けられています。
ブラック&タン…黒漆色(ラッカーブラック)がベースで、眼の上や喉の下側、パスターン、足、後肢の内側、尾の付け根などにレッドまたはブラウンの斑が入り、胸には2つの三角形の斑が入ります。
チョコレート&タン…チョコレート色がベースで、斑はブラック&タンと同様の部分に入ります。

育て方

小柄ですが意思が強く吠えやすい犬種なのでしつけは重要です。しつけが不十分だと、見知らぬ人に危害を加えてしまう可能性もあるので、社会性をしっかり身に付けさせることが大切です。
活発で運動能力が高いので毎日30分以上の散歩は欠かさずに行ってください。信頼関係が構築出来ているなら散歩以外の運動を取り入れるのも良いでしょう。
短毛のシングルコートなので手入れは楽な方ですが、犬種的に皮膚が弱いため負担が少ないブラシで優しくブラッシングしてあげてください。
短毛なうえ皮下脂肪も少なく寒さには弱いので、冬場は服を着せたり室温を上げたりして温度調節することが大切です。

気をつけたい病気

大腿骨骨頭壊死(レッグ・ペルテス)は、生後数ヶ月から1歳ほどの成長期にみられる股関節の病気で歩行困難になります。予防が難しい病気ですが、足を引きずったり動きが鈍いなどの症状が見られたら、早めに獣医師に相談しましょう。
耳介辺縁皮膚症は、耳の縁の部分がフケを伴って脱毛したり変色してしまう病気で、耳が大きな犬種に多く見られます。血行をよくすることが予防に繋がると言われています。完治させることは難しい病気ですが、対症療法により症状を緩和することが期待できます。
膝蓋骨脱臼は、後ろ足の膝蓋骨がずれたり外れてしまったりする病気で、通称「パテラ」と呼ばれてます。軽度の場合は、症状が出ないこともありますが、重度になると歩行異常が見られます。予防として、膝への負担を減らすため適正な体重を維持するようにしましょう。

歴史

起源ははっきりわかっていませんが、17~18世紀頃にドイツで小害獣駆除を目的として飼育されていたヘル・ピンシェルという中型犬が祖先ではないかと考えられています。ヘル・ピンシェルとダックスフンドやイタリアングレーハウンドなどの犬種との交配により、19世紀には現在とほぼ同じ形になっていたようです。原産国であるドイツでは1895年に犬種クラブが設立し、1900年には初めてドッグショーへの参加が確認されています。1900年代初頭にアメリカへと渡り「ピンシャー」と呼ばれていましたが1972年現在の名前になりました。原産国であるドイツでは、小鹿に似ていることから「レイ・ピンシャー」と呼ばれています。日本ではミニピンという愛称で親しまれています。
ドーベルマンと同じく、現在も多くの国で断尾・断耳の習慣が続いていますが、ドイツほかヨーロッパ各国では動物愛護精神を尊重するため、20世紀後半以降、断尾・断耳を禁じられています。

ゴールデンレトリバー【Golden Retriever】

ゴールデンレトリバー/ペット図鑑

原産国 イギリス
体重 牡29~34kg、牝25~29kg
体高 牡56~61cm、牝51~56cm
グルーブ 8G

特徴

均整のとれた体は力強く丈夫です。大きめの頭部、垂れ耳、アーモンド形の目が特徴的です。原産国のイギリスで作出されたイギリス系とアメリカで作られたアメリカ系の2タイプがあります。イギリス系は、瞳や鼻の色が黒色で、アメリカ系と比べて、被毛が短く緩いウェーブがかかっています。アメリカ系は、瞳の色が茶色で鼻の色は成長と共に黒から茶色に変わっていきます。被毛は柔らかいストレートです。

性格

飼い主に対しては大変愛情深く忠実です。とても穏やかで、他犬や他動物とも友好的な関係を築くことができます。寂しがり屋な面があり、人のそばにいたがるので留守番は苦手です。頭が良く、人の言葉をよく理解し指示に従って行動できるので、盲導犬、介助犬、人命救助犬など、さまざまな分野で活躍しています。また体を動かすことが大好きで、ボールやフリスビー、アジリティなどでその能力を発揮しています。
イギリス系は、アメリカ系よりおとなしい傾向があり、水猟犬として生まれた犬のため水難救助犬として活躍する場合が多いようです。アメリカ系は、明るく好奇心旺盛で、作業欲求が強いので盲導犬や聴導犬として活躍しています。

毛色

イギリス系は白からクリーム色のプラチナカラーの毛色が特徴です。アメリカ系はライトゴールドから茶色がかったゴールドまで濃淡の幅が広いです。白の差し毛は胸にだけ許されます。

育て方

活発で体力もあるので毎日2回各60分程度の散歩が必要です。散歩だけでなく、定期的にドッグランへ行って思い切り動ける時間を作ってあげてください。ドッグランでの運動は体力の発散だけでなく、社会性を身につける良い機会になります。
孤独な時間が長かったり、運動不足だったりすると問題行動を起こす場合があるので、子犬の頃からきちんとしつけることが大切です。飼い主に忠実なので初心者でもしつけはしやすいです。
きれいな毛並みを保つために、ブラッシングは大切で、特に換毛期は毎日行うようにすると良いでしょう。定期的にシャンプーをして皮膚や被毛を清潔に保つことも大切です。

気をつけたい病気

遺伝的に股関節形成不全を発症しやすいことで知られています。他にもアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患や外耳炎にかかりやすい犬種です。
また、一気にごはんを食べたり、食後に激しい運動をすると胃捻転を引き起こしやすいので要注意です。胃捻転を放置すると、数時間で死に至ることもあるため、早期発見・早期治療が重要です。予防するために、食事は数回に分けて与え、一気食いをさせない、食後すぐに運動をさせないなどが大切です。

歴史

歴史についてはっきりしたことはわかっていませんが、1865年スコットランドに住む愛犬家ツイードマス卿が黄色い毛色のウェービーコーテッド・レトリバーとツイード・ウォーター・スパニエルを交配させたのが起源だといわれています。その後、アイリッシュ・セターやニューファンドランドとの交配を重ね、19世紀末頃には現在にほぼ近い形になったようです。
1913年ケンネル・クラブに登録が開始された当時はイエロー・レトリバーとも呼ばれていましたが、1920年にゴールデンレトリバーの名前に統一されました。現在では家庭犬としても世界中で高い人気を保っています。

ヨークシャーテリア【Yorkshire Terrier】

ヨークシャーテリア/ペット図鑑

原産国 イギリス
体重 2kg~3kg
体高 15cm~18cm
グルーブ 3G

特徴

まっすぐで絹糸のようにつやのある長い毛におおわれ、均整のとれた体型をしています。JKCが公認している犬種の中でチワワに続き2番目に小さい犬種です。

性格

テリア種独特の気質を持っているので、知的で活発、大変勇敢で頑固ですが、飼い主に対しては愛情深く忠実です。好奇心旺盛で、遊んでもらうことが大好きです。

毛色

被毛の色が生涯で7回変わると言われていますが、変化の仕組みはまだ解明されていません。その変化の美しさから「動く宝石」と呼ばれています。
色は生まれてから1年ほどかけて変わっていきますが、生まれて間もない頃は漆黒と呼ばれる真っ黒な色で、成長が進むにつれ次第に根元から変化し始めます。
JKCで決められた公認カラーはダーク・スチール・ブルー&タンの1色だけですが様々なカラーが見られます。

育て方

負けん気の強いテリア気質で自己主張も強いため、甘やかすとわがままに育ってしまいます。この犬種の特徴を理解し、子犬の頃からしっかりしつけることが大切です。
活発で、遊んでもらうことが大好きなので、毎日の散歩は欠かさないようにしてください。
シングルコートの被毛は換毛期がないため、放置していると毛玉になったり、ほつれてしまったりします。美しい被毛を保つために毎日のブラッシングと定期的なシャンプーやトリミングは必須です。またシングルコートは暑さ寒さの変化に弱いため、温度管理に注意することが大切です。

気をつけたい病気

気管虚脱は気管が本来の形を保てずにつぶれてしまう病気で、発症すると咳をしたり興奮時にガーガーという呼吸をしたりするようになります。重症になると呼吸困難になったり、熱中症のような状態に陥ったりすることがあるので注意が必要です。
門脈シャント(門脈体循環シャント)は2歳くらいまでに発症し、無治療の場合は死に至る病気です。食欲不振、おう吐、下痢やふらつきなどが見られたら、早めに受診してください。
レッグ・ペルテス病(虚血性大腿骨頭壊死)は1歳未満の子犬に見られる股関節の病気で、この病気にかかる犬の約半数が、この犬種だと言われています。
膝蓋骨脱臼は後ろ足の膝蓋骨がずれてしまう病気で、小型犬に多く見られます。脱臼しやすい骨格かどうかをチェックしてもらうために、1才前後で検診を受けると良いでしょう。

歴史

19世紀の中頃、イギリス北部ヨークシャー地方で倉庫や工場などの家を荒らしまわるネズミを駆除ための狩猟犬として作出された犬種です。マンチェスター・テリア、スカイ・テリア、マルチーズなど様々な犬種と交配して作り出されました。当初はボサボサしたワイヤー・ヘアで体重も5kg以上ある固体も多かったようです。狩猟犬として労働者階級の一般市民と共に生活していました。
しかし、交配を進めて犬種として安定化していく過程で、小型化して毛質も滑らかな直毛となり、次第に貴族の間にも広まって大人気となりました。
1862年に”ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア”と命名されましたが、あまりにも長い名前だったため定着せず、1870年頃から今の”ヨークシャーテリア”と呼ばれるようになったようです。
日本にやってきた正確な年代はわかっていませんが、戦後の高度成長期に人気に火がつき、 ポメラニアンとマルチーズと共に「座敷犬御三家」と称されました。今でもその人気は高く、長年登録数ランキングではトップ10に入り続けています。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル【Cavalier King Charles Spaniel】

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル/ペット図鑑

原産国 イギリス
体重 5.5kg~8kg
体高 31cm~33cm
グルーブ 9G

特徴

やや大きめの小型犬で、体高より体長が長めです。垂れ耳と大きな目が特徴的で、足と胸と尾に生えている飾り毛は絹糸のように滑らかです。身のこなしが優雅でバランスのとれた紳士的な表情を持っています。

性格

明るく陽気な性格です。大変穏やかで社交的なので、子どもや他の動物とも仲良くすることができます。家族には特に愛情深い上、無駄吠えや噛み癖なども少ないので初心者の方にも飼いやすい犬種です。

毛色

ブラック&タン、ルビー、ブレンハイム、トライカラーの4色があります。
 
ブラック&タン… 黒色をベースとして黄褐色の差し色が入っています。
ルビー…     全体が鮮やかな茶色(レッド)です。
ブレンハイム…  白色をベースに茶色の模様が入ります。
トライカラー…  白・黒・黄褐色の3色が混じっています。

育て方

小型犬としてはやや大きめで遊び好きなので、毎日30分くらいの散歩は欠かせません。室内でもなるべく一緒に遊んであげることが大切です。 被毛はダブルコートで飾り毛もあり、特に換毛期は抜け毛が多くなるので、週に3回くらいは解きほぐしてブラッシングしてあげましょう。 常に愛情を持って接していると、飼い主の考えていることを理解しようとしてくれます。

気をつけたい病気

遺伝的に多いとされているのが僧房弁閉鎖不全症です。高齢になるとどの犬でも起こりやすい疾患ですが、この犬種の場合、早い犬は生後1~2年から起こり6歳以上になると全体の6割以上がかかると言われています。早めの治療が必要なので、定期的に心臓の状態を診てもらうことが大切です。また普段から食生活にも気をつけてください。
また他の犬種より目が突出しているため、結膜炎など眼の疾患にも注意が必要です。
他に短頭種気道症候群などの呼吸器疾患や、急性膵炎などの消化器疾患、白内障、膝蓋骨脱臼なども比較的多くみられます。

歴史

16世紀ごろ鳥猟犬として活躍していた犬が祖先犬と言われています。
16世紀から19世紀の間、英国王室では小型のスパニエルである「トイ・スパニエル」がたいへん愛されていました。特にチャールズ2世は、あまりに溺愛しすぎたために公務に支障がでるといったエピソードがあるほどでした。
しかし18世紀にヨーロッパで短吻種の犬が流行し、その影響を受けてパグなどとの交配が進み、やがてスパニエル種の短吻タイプ「キング・チャールズ・スパニエル」が誕生しました。
19世紀初めに、チャールズ2世が育てていたような長吻タイプへの復活を求めて、アメリカの富豪であるロズウェル・エルドリッジ氏が巨額の懸賞金をかけました。その結果、繁殖家たちがこぞって戻し交配を進め現在の長吻タイプが誕生し、1945年にイギリスで「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」という犬種として登録されました。キャバリアとは「騎士」という意味で、イギリスでは現在でも愛玩犬として大変人気の犬種です。

ビーグル【Beagle】

ビーグル/ペット図鑑

原産国 イギリス
体重 7kg~12kg
体高 33cm~38cm
グルーブ 6G

特徴

体は堅く引き締まり、猟犬らしく筋肉質でがっしりとした体格をしています。鼻先まである大きな垂れ耳と、ピンと立った太い尾が特徴的です。被毛は平らで滑らかな短い毛が密集しています。優れた臭覚により獲物の匂いを追跡するセントハウンド犬の中でも一番体が小さい犬種です。

性格

明朗快活で遊ぶことが大好きです。大胆で勇敢ですが慎重さも持ち合わせています。群れで狩りをしていた習性から協調性・社会性が高く、他人や他犬とも仲よくできるので多頭飼いに向いています。また穏やかで優しい気質なので、小さい子どものいる家庭にもすぐ溶け込めます。逆にさみしがり屋なので、長時間の留守番などは苦手です。

毛色

代表色は白色、褐色、黒色のハウンドカラー(トライカラー)ですが、他にレッド&ホワイト、レモン&ホワイト(レモンカラー)もあります。尾の先は白色です。成長するにつれて被毛のカラーが変化し模様が変わることがあります。

育て方

体の大きさの割にとてもタフでスタミナがあるので、毎?朝?30分程度の散歩を?かせません。時にはドッグランなどで思い切り?らせたり、一緒にゲーム性のある遊びをしたりするのも良いでしょう。ストレス発散だけでなく、肥満の防止にもなります。
セントハウンド犬で気になるニオイを追わずにはいられない習性をもっているので、子犬の頃から制止をよく教えておくことが大切です。
垂れ耳なので通気性が悪く耳のトラブルが起きやすいので、耳の入り口付近をやさしく拭いて清潔を保つとともに、定期的に汚れなどをチェックしましょう。

気をつけたい病気

他の犬に比べ病気に強く丈夫で、発病率が低いと言われていますが、 椎間板ヘルニア、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)、白内障などの目の病気、外耳炎などはかかりやすい犬種です。日常生活の中で違和感を持ったらすぐに病院へ連れて行ってあげてください。また、食欲旺盛な犬種のため、肥満になりやすく、肥満から糖尿病になることもあるので日頃から食事のバランスに気をつけてあげてください。

歴史

起源については、はっきりしたことはわかっていませんが、その歴史は大変古く、紀元前からギリシャでウサギ狩りに使われていたハウンド犬が祖先犬ではなかといわれています。ローマ帝国の侵攻や交易などで広く欧州に渡ったビーグルの先祖犬たちはヘンリー七世の時代からエリザベス一世の時代にかけて品種改良が進みました。
14~15世紀頃、原産地のイギリスではウサギなどの小動物を狩る猟犬として重宝されていましたが、1860年代アメリカに輸入されると一気に家庭犬としての人気が高まり、ポピュラーな犬種の一つとなりました。
キャラクター・スヌーピーのモデルになったことでも知られています。

ラブラドールレトリバー【Labrador Retriever】

ラブラドールレトリーバー/ペット図鑑

原産国 イギリス
体重 30kg~36kg
体高 牡56~62㎝、牝54~59㎝
グルーブ 8G

特徴

がっしりと丈夫で胴は短めで幅広く、特に後躯は筋肉たくましく力強い印象です。垂れ耳垂れ尾で、どんな天候にもよく耐えられるように短毛が密集しています。欧米では中型犬とされることも多いですが、日本では大型犬とされています。 外観重視の「イングリッシュタイプ(品評会用)」と、能力重視の「アメリカンタイプ(作業用)」があり、「イングリッシュタイプ」は首や脚、胴体など、全体的に太く短くがっしりしていて、「アメリカンタイプ」は、足が長く胴長ですらっとしているのが特徴です。

性格

優しく温和で従順なので番犬には向きませんが、とても賢いのでしつけがしやすく、訓練などにも耐えてすぐに覚えることができます。攻撃的な性格ではなく人懐っこいので、家庭犬としてはとても優秀です。

毛色

ブラック、イエロー、チョコレートの3種類があります。 胸の部分に通称“メダル”と呼ばれる白い毛が入ることもありますが、これはすべての毛色に認められています。毛の色によって性格が異なるといわれていて、盲導犬として活躍することが多いイエローは落ち着いた性格で、ブラックやチョコレートは活発な性格といわれることが多いようです。

育て方

活動的で体力もあるので、散歩は最低30分~1時間、1日2回は連れて行くようにしてください。作業犬として活躍してきた犬種なので、頭を使う遊びやトレーニングなども取り入れると良いでしょう。
賢い犬ほどしつけは大切で、やんちゃな子犬期にしっかり「マッテ」や「オスワリ」などの指示やクールダウンのしつけを行うことが重要です。
毛は短毛ながらダブルコートですので、週に数回のブラッシングをしてあげましょう。

気をつけたい病気

股関節形成不全は主に遺伝的要因が強く、生後4か月頃から症状が現れます。腰を左右に振るように歩いたり足をひきずって歩くなどの症状が見られます。成犬になると前十字靭帯断裂や肩や肘の関節疾患にもかかりやすいので注意が必要です。
垂れ耳で外耳炎を起こしやすいので、こまめに耳掃除などの手入れをしてあげましょう。
特に注意したい病気は胃捻転で、胃の中でガスが拡張することにより起こり、短い時間で死に至ることもある疾患です。主な原因は、早食いや食べ過ぎ、食後の激しい運動などで、ラブラドールレトリバーの食欲旺盛で早食い、動きが活発という特徴と重なって、特に発症しやすいようです。飼い主が生活習慣に気をつけてあげることで防止することも可能です。

歴史

起源はカナダ・ニューファンドランド島原産の犬で、16世紀頃にイングランドからこの島へと移住した人々が持ち込んだ使役犬と交配されてセント・ジョンズ・レトリバーが生まれたといわれています。当時は漁師の手助けをする水中作業犬として活躍していました。1820年頃その能力の高さに目を付けたイギリス貴族が自国へ持ち帰り、繁殖と選択交配が進めて、19世紀の末頃には現在のラブラドールレトリバーの基礎が出来上がったといわれています。その後、作業能力が高く、賢く穏やかな性格からイギリスとアメリカを中心に人気が高まり、やがて世界中へと広がりました。
現在も、盲導犬や、介助補助犬、麻薬探知犬、災害救助犬などで活躍する貢献度の高い犬種ですが、家庭犬としても広く愛され続けています。

ポメラニアン【Pomeranian】

ポメラニアン/ペット図鑑

原産国 ドイツ
体重 1.3kg~3.2kg(1.8㎏~2.3㎏が理想)
体高 20cm前後
グルーブ 5G

特徴

体の各部がよく引き締まり、小さいながらも丈夫な犬種です。被毛は粗く豊富で、尻尾の飾り毛は扇のように広がっていて豪華です。可憐で知性あふれる表情を見せます。

性格

人間が好きで、特に飼い主に対して強い忠誠心があり、深い絆を構築したがります。好奇心旺盛で甘え上手です。他犬に対してもフレンドリーに接するので多頭飼育もあまり難しくありません。その一方で、繊細で気が強い一面もあり、よく吠える傾向があります。

毛色

ホワイト、ブラック、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ、クリーム、オレンジ・セーブル、ビーバー(濃いベージュ)、ブルー(灰色)などの単色と、ブラック・タン(黒茶)、ウルフ・セーブル(灰に黒の差し毛)、パーティ・カラー(混色)などがあります。
近年は、マールという単色にブルーやグレーのまだら模様が混じる毛色も出てきています。

育て方

豪華な毛並みを維持するためには、こまめなブラッシングやトリミングが大切です。毛量の多さから皮膚病などに気付きにくいので定期的にチェックしましょう。
活発で運動好きなので毎日の運動は必須ですが、手足の骨格が細いので、関節に負担をかけないように散歩の量は体調をみながら加減してください。また、好奇心旺盛なので誤飲に注意してください。
賢いので、しつけも覚えやすく芸も出来ます。「吠え易い・噛み易い」犬種ですが、子犬の頃からきちんとしつけて社会化に努めれば、ある程度は抑えることができます。

気をつけたい病気

骨が弱いので膝蓋骨脱臼やレッグペルテス症(大腿骨頭壊死症)など、関節に異常が起きることが多い犬種です。治療には早期発見が大切なので、歩き方がおかしいと感じたら早めに受診するようにしましょう。
気管虚脱など、喉や気管の病気にもかかりやすい傾向があります。命にかかわることもあるので、日頃から呼吸音には注意が必要です。
他にクッシング症候群、水頭症、流涙症などにかかりやすいと言われています。日頃からよく観察したり、定期的に検診を受けたりすることで、早期発見・早期治療を心がけましょう。

歴史

祖先犬は、北方スピッツ系のサモエドと言われています。18世紀頃ドイツ東部とポーランド西部にまたがるポメラニア地方の牧羊・作業犬が、品種改良によりやや小型化され、その後イギリスに渡って愛好されました。
その後、ポメラニアンの存在を広めたのは、イギリスのヴィクトリア女王と言われています。この当時、体重は現在より大きめでしたが、ヴィクトリア女王が展覧会に出陳した、小柄なポメラニアンが優勝したことがきっかけで「女王の犬」として人気が爆発し、より小型化の方向に改良・繁殖されるようになりました。
日本では1970年代以降、家庭犬・愛玩犬として人気の犬種となりました。

フレンチブルドッグ【French Bulldog】

フレンチブルドッグ/ペット図鑑

原産国 フランス
体重 10kg前後
体高 26cm~31cm
グルーブ 9G

特徴

鼻が短い短頭種で、角形の頭部は大きく、体は筋肉質でがっちりしています。大きな立ち耳はコウモリの羽のようなので、「バット・イヤー(こうもり耳)」と呼ばれています。毛は短毛ですが、滑らかで光沢があります。他の犬種に比べて白目の割合が多く口も大きいため、表情がとても豊かです。

性格

聡明で活発、愛情深い性質で、家族と共に過ごすことが大好きです。神経質ではないので無駄吠えは少なく、集合住宅でも飼いやすい犬種です。他犬には友好的ですが、家族以外の人に対してすぐ懐くことは少ないようです。もともと闘犬系の血が入っていることもあり興奮しやすい面があります。

毛色

カラーは大きく分けてフォーン、クリーム、ブリンドル、バイドの4種類です。

フォーン…  明るい茶系で、濃淡は様々あり個性的な色合いです。
クリーム…  クリーム色の単色で、優しい色合いで人気の毛色です。
ブリンドル… 黒地のベースで、褐色系やホワイトなどの色が入ってくる毛色です。
パイド…   白地のベースに黒系や茶系の色が入りぶち模様になる毛色です。

育て方

毛は短いですが抜け毛が多いので、ブラッシングはこまめに行ってください。暑さ寒さに弱いので必ず室内で飼い、冬は服を着せるなど季節に合わせた工夫が必要です。 顔のしわは汚れがたまりやすいので、定期的に優しくふいてあげると良いでしょう。がに股の体型なので、股関節に負担がかからぬように、適度な散歩や運動を心がけてください。
穏やかで人懐っこい性質なので人間と生活がしやすいものの、ブルドッグ特有の頑固な一面も持っているので、子犬のうちに家族との信頼関係を作りながら、根気よくしつけて社会性をつけてあげてください。

気をつけたい病気

短頭種は、生まれつき鼻から喉頭にかけての気道が狭いという身体的特徴を持っているため、短頭種気道症候群には特に注意が必要です。これは軟口蓋過長症、外鼻孔狭窄、喉頭虚脱、気管低形成などが単独または複数で起こるものです。普段からいびきや呼吸音に注意し、頻繁になったら早めに病院に行って相談して下さい。
短毛のため紫外線によるトラブルや接触アレルギーなどの皮膚病や、椎間板ヘルニア、外耳炎、悪性腫瘍(がん)などの病気もかかりやすいことが知られています。早期発見のために、日頃から健康状態に注意し、病院で定期健診を受けるようにすると良いでしょう。

歴史

起源には諸説ありますが、1850年頃イギリスで飼われていたイングリッシュ・ブルドッグがフランスに渡り、パグやテリアの血を加えて誕生したという説が有力です。当初は鼠の捕殺に用いられていましたが、改良を重ねる中で温和な性格になっていき、愛玩犬として貴族の間で大変人気になりました。この頃は立ち耳と垂れ耳の2タイプがいましたが、アメリカ人のブリーダーがフランスから自国に持ち帰って交配を重ねた結果、立ち耳が犬種の標準とされるようになりました。
日本には大正時代に家庭犬として紹介され、昭和初期にかけて数多く飼育されました。その後日本での人気は衰えましたが、近年人気が復活しています。

トイプードル【Toy Poodle】

トイプードル/図鑑

原産国 フランス
体重 4㎏以下
体高 28㎝以下(26㎝が望ましい)
グルーブ 9G

特徴

体長と体高がほぼ同じで、独特のカールを持つ被毛に覆われています。抜け毛や犬独特の体臭がほどんど無いことから家庭犬(特に室内飼い)として人気の高い犬種です。
気品に富んだ優雅な容姿は、慣例となっているクリップ(刈り込み)によって一層独特の高貴さと威厳を高めています。

性格

好奇心が強く大変聡明で、運動神経も良く、プードルの中では最も賢いとも言われています。利口で従順なので、家族に対して愛情深く、他人や他犬に対しても上手に接します。

毛色

きれいな一色毛が理想で、黒、白、ブルー、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバーベージュなどがあります。毛色によって性格も違うようです。

育て方

トイプードルは優雅な外見に似合わず活発で体力があります。そのため運動不足やストレスがたまっているといたずらをしてしまうことがありますので、 毎日十分な散歩と、室内での遊びが大切です。可能であれば水泳などもさせてあげましょう。
何かして欲しい時に吠えてしまう場合は、吠え癖がつかないよう無視することが肝心です。どんなにかわいくても毅然とした態度で接してください。
毛が抜けないので手入れが楽そうですが、被毛には独特の細かいカールがあり、絡まりやすいので、すぐ毛玉ができてしまいます。ブラッシングは必須で、できれば毎日行いましょう。 寒冷期以外の季節は、短めにカットしてもらうと絡まりにくくなるため、手入れが楽になります。

気をつけたい病気

骨折の多い犬種です。手足の細さの割にボディががっちりして体重があるため、高い所から飛び降りるなどして起きることが多いようです。関節炎の起きやすい犬種でもありますので、着地の際など体重の負荷がかかることを考えて、無理のない運動を心がけましょう。
てんかんを引き起こすことが多く、突然ひっくり返って泡を吹いたり、けいれんを起こしたりしますので、いつでも相談できる主治医を探しておくことも大切です。

歴史

非常に古い歴史を持っており、紀元前30年ごろのローマ皇帝の記念碑にこの犬の姿が彫刻されているほどですが、その発祥についてはあまりはっきりしていません。
もともとは鳥獣猟犬に使われた犬で、さまざまなタイプがヨーロッパ各地にいたようです。ドイツの水猟犬がフランスに持ち込まれ、ハンターの水中回収犬として用いられているうちに、その容姿を貴婦人たちに愛されるようになり愛玩犬として人気となったようです。
現在では装飾のためになされるクリップですが、この犬が水猟犬だった頃、水中での動きを容易にするために、心臓などのある胸の毛を残してあとはカットしていたのが始まりと言われています。
近年の日本では、セラピー犬や警察犬として活躍するなど、愛玩犬にとどまらない活躍をみせています。