ラフコリー

ラフコリー【Rough Collie】

ラフコリー/ペット図鑑

原産国 イギリス(スコットランド)
体重 56cm~61cm
体高 22㎏~30kg
グルーブ 1G

特徴

気品の高い優雅な容姿を持ち、均整の良くとれたスマートな体型をしています。細長いマズルに先の折れ曲がった立ち耳、ふさふさした垂れ尾、手足の豪華な飾り毛が特徴的です。豊かで光沢のあるまっすぐな被毛はダブルコートで、歩くたびにふわふわと揺れる姿はとても上品です。

性格

明るく穏やかな性格で誰にでもやさしく接します。飼い主には忠実で非常に賢いため、しつけにも苦労しません。感受性が強く周囲の状況に敏感な面があるので、飼い主の気持ちを汲みとってくれますが、怒られたりするとストレスを感じやすいようです。

毛色

毛色はセーブル&ホワイト、トライカラー、ブルーマールの3色が公認されていますが、全体がホワイトで頭部や体の一部にだけ上記3色の毛色がある個体も存在します。

育て方

牧羊犬として活躍していた犬種なのでたくさんの運動が必要です。毎日1時間程度の散歩のほかに、時々ドッグランで思い切り運動させてあげると良いでしょう。力が強い犬なので、コントロールやトレーニングが必要になります。飼い主にある程度飼育経験があることが望ましいでしょう。
非常に賢く、人と接するのが大好きなので、コミュニケーションを密にとって信頼関係を築いていくと良いでしょう。ストレスを感じることも少なくなります。
長毛のダブルコートで抜け毛は多いので、できれば毎日ブラッシングをしてあげましょう。

気をつけたい病気

コリーアイ症候群は、この犬種独特の遺伝性の眼疾患で、失明することもある病気です。遺伝性の疾患は、未然に防ぐことは難しいですが、病気についての知識を持ち、早期発見・早期治療に努めることが大切です。
ほかに進行性網膜萎縮症、股関節形成不全、胃がんなどにもかかりやすいと言われています。

歴史

その起源などについては、よくわかっていませんが、過去数百年に渡ってスコットランドのハイランド地方の山岳丘陵地帯で牧羊犬として活躍していました。アングロサクソン語で「黒」を意味するコリーと呼ばれ、牧羊犬も黒い毛色が多かったため、コリー・ドッグと呼ばれるようになり、その後そこから犬種名が生まれました。
1860年にビクトリア女王がスムースコリーを気に入って連れ帰ったことで兄弟種のラフコリーにも注目が集まるようになりました。その後、スムース・コリーはイングリッシュ・グレイハウンドを、ラフ・コリーはボルゾイをそれぞれ交配させ、両犬種は現在のマズルや脚が長い洗練された姿に改良されて、上流貴族のペットとしても愛されるようになりました。
20世紀には映画やテレビドラマの「名犬ラッシー」が世界的に大ヒット、ラフコリーのラッシーは賢く優しい犬として人気が急上昇し、ラフコリーも一般家庭でも飼える犬として広く飼育されるようになりました。
近縁の犬種で短毛のスムース・コリーと合わせてスコッチ・コリー(Scotch Collie)とも呼ばれています。