アメリカンショートヘア

アメリカン・ショートヘア【American Shorthair】

アメリカン・ショートヘア

原産国 アメリカ
公認団体 CFA・TICA
毛種 短毛種

特徴

骨太な体格で筋肉もよく発達しているため、どんな環境にも適応して生きられる生命力に満ちた猫種です。瞳はくりんとしたアーモンド型で、しっぽは長く、短毛ながら厚い被毛に覆われています。

性格

基本的には大変明るく好奇心旺盛です。その上に高い身体能力を備えているので、時にはやんちゃが過ぎることもあります。
孤独好きで、時に抱っこされると嫌がることがあります。この猫種の個性と受け止めて、寄ってきたときはそっと撫でてあげるなど柔軟に対応してあげると良いでしょう。
臨機応変に賢く振る舞うこともできますが、トイレの場所を覚えるのはあまり得意ではありません。

毛色

日本でよく知られている銀灰色のほかにも黒、白、銀、クリーム色、赤、茶色、青など非常に多くの毛色があります。タビーでないソリッドカラーや、ホワイトとのバイカラーもあります。

育て方

家庭猫としての改良が続いてきたものの、ハンターとしての資質は健在なので、走り回って遊ぶことは、心身の健康のために欠かせません。多種なおもちゃで遊んであげたり、動き回りやすいように、しっかりしたキャットタワーを用意してあげると良いでしょう。
太りやすい傾向がありますので、食事管理は大切です。
短毛で、被毛は厚いもののお手入れは楽な方ですが、換毛期にはしっかりとブラッシングやコーミングをしてあげるようにしてください。。

気をつけたい病気

非常に多くの猫との交雑があったことから、遺伝疾患は比較的少なく丈夫と言われています。
かかりやすい疾患としては、ワクチン誘発性繊維肉腫があります。毎年同じ場所にワクチンを打つと、その部位に障害が起こりやすい傾向があると考えられているので、ワクチンの接種部位や、接種後の経過観察を記録しておくことが大切です。
肥大型心筋症もかかりやすい疾患で、中年齢以降の猫に多く発生します。しかし、この猫種では重症化することは少ないようです。心臓の機能が低下すると、不活発になり寝てばかりということが増えてくるので、元気がなさそうに見えたら動物病院を受診するようにしまししょう。

歴史

イギリスのブリティッシュショートヘアが直径の祖先猫で、街にも田舎にも農家の庭にもいる猫でした。移民と共にメイフラワー号に乗ってアメリカに入ってきたと言われています。当時はペットとしてではなく、穀物を荒らすネズミ退治のために飼われていました。ハンターとして大変優秀で、多くの農場や家庭で求められていました。
アメリカの農場が大規模化して穀物管理の手法が発展して以降、ハンターとしての役割は終わりましたが、特徴的な銀灰色のクラシックタビーの美しさに魅せられた愛好家の手によって、品種確立を目指して育種されるようになりました。
アメリカでは1895年のキャットショーでデビュー、日本には1980年以降に入ってきたとされています。