ミニチュア・ダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンド【Miniature Dachshund】

ミニチュア・ダックスフンド

原産国 ドイツ
体重 3.5㎏~4.8㎏
体高 牡23㎝~27㎝、牝21㎝~24㎝
グルーブ 4G

特徴

短肢長胴で体長は体高の2倍の長さです。筋肉がよく発達し、勇気と理知に富んだ態度や表情を見せます。垂れ耳で中くらいの長さのマズルを持つ小型犬です。被毛はスムーズ(短い)、ロング(長くて柔らかい)、ワイヤー(長くて硬毛)の3種類があります。
スタンダード・ダックスフンドを小型に改良したもので、サイズを除き、犬種標準はほぼ同じです。

性格

大胆で利口、しかも明朗で非常に活発です。やや頑固なところがありますが、賢く順応性が高いため、しつけや訓練を受け入れやすい性格です。自立心のある猟犬ですので、甘やかしすぎると、扱いにくくなります。

毛色

ミニチュア・ダックスフンドは毛色のバリエーションがとても豊富です。ポピュラーな単色と2色に加えて、模様なども合わせるとその数は相当なものになります。
単色の主な毛色
レッド、クリーム、ゴールド
2色の主な毛色
ブラック&タン、チョコレート&タン、ブラック&クリーム、チョコレート&クリーム

育て方

活発で遊びが大好きなので、1日1時間程度の散歩が必要です。短足のわりに器用なのでボール遊びなどのゲームの時間も作ると良いでしょう。
家族に対して愛情深く、子供に対しても寄り添うように接します。反面、外に対しては警戒心が強く、他人や他犬に対して神経質になることがあります。子犬の頃から社会性を育むように心がけると扱いやすくなります。また、甘やかしすぎると飼い主の指示に従わなくなるので、しつけを通してけじめのあるコミュニケーションを取ることが大切です。

被毛はダブルコートなので、特に換毛期(春から夏にかけて、秋から冬にかけての2回)はよく抜けますので定期的なブラッシングが必要です。ロングとワイヤーは週に2~3回以上が望ましいです。
スムーズの場合は、冬の寒さに弱いので、衣類を着せるなどの工夫をしてあげてください。

気をつけたい病気

胴体が長く腰や股関節などへの負担が大きいため、ヘルニアを代表とする関節疾患にかかりやすいようです。成長期には運動でしっかり筋肉をつけ、中年齢以降は発症を予防するために太らせないことが大切です。また、足が短いことから、地面と腹部が近いため、腹部を傷つけてしまったり、暑い時期は熱中症に注意が必要です。
この犬種は毛色の掛け合わせにより、てんかん、股関節形成不全、PPA(進行性網膜縮症)などの遺伝性疾患を受け継いだり、障害をもって生まれてくることもすくなくありません。

歴史

スイスのジュラ・ハウンドが祖先犬といわれ、ドイツやオーストラリアの山岳地帯にいた中型ピンシャーとの交雑によって現在のダックスフンド(スムースヘア種)の基礎犬が作られたといわれています。当時は、現在のスタンダードサイズよりやや大きかったようです。
のちにワイアーヘアのテリアが交配されたり、スパニエルが交配されたりと他犬種との交配の中で、ワイヤーヘアやロングヘアーのダックスフンドが生まれることになったとされています。
ダックスフンドとは穴熊の狩猟犬の意味で、ミニチュア・ダックスフンドは、スタンダード・ダックスフンドが入れないような小さな穴にもぐって狩猟できるようにと選択交配されたことにより生まれました。