ジャイアントシュナウザー

ジャイアントシュナウザー【Giant Schnauzer】

ジャイアントシュナウザー/ペット図鑑

原産国 ドイツ
体重 35kg~47kg
体高 60cm~70cm
グルーブ 2G

特徴

筋肉がよく発達していてたくましい印象です。スクエアな体型で、骨太く、がっしりとして力強い体は存在感があります。全身を針金のような硬い毛に覆われていて、長くて立派な口ひげと愛嬌ある眉毛が特徴的です。
シュナウザーは、ミニチュア、スタンダード、ジャイアントと3種ありますが、毛色とサイズを除いて犬種標準はほぼ同じです。

性格

明るく好奇心旺盛で、遊ぶのが大好きです。シュナウザー種の中でも、家族や子どもに慣れやすいタイプと言われています。独立心が旺盛で、自分の判断で行動してしまう面もありますが、従順で訓練能力も非常に高いので、正しくしつければコントロールすることが可能です。

毛色

毛色は、ソルト&ペッパーとブラックのみです。

育て方

スタミナが豊富なので、毎日朝晩30分程度の散歩は欠かせません。とても遊び好きなので、散歩のほかにゲームや自由運動も取り入れると良いでしょう。
被毛はダブルコートで、抜け毛は少ないですが上毛は硬い毛質で下毛は密集しているので毎日ブラッシングをしてあげてください。特徴である口ひげは汚れやすいのでこまめに拭いて清潔に保ちましょう。定期的なトリミングが必須で、慣れない人はプロのトリマーに任せると良いでしょう。
独立心が旺盛で自分の判断で行動してしまうこともあるので、子犬の頃からしっかりとトレーニングを行い、飼い主さんが行動をコントロールできるようにしておくことが大切です。

気をつけたい病気

基本的に健康で丈夫な犬種ですが、大型犬に多い股関節形成不全や、関節炎などにかかりやすいと言われています。

歴史

スタンダードシュナウザーを改良して大型化した犬種です。19世紀の初め頃、バイエルンの牧牛業者が優秀な牛追い犬を作出するため、スタンダードシュナウザーにグレートデーンや家畜追い犬として定評のあったブービェデフランダースなどを交配して作出されました。長年、ミュンヘンで畜牛を市場までつれて行く役目をしていました。19世紀になると運搬は鉄道に取って代わられ、牛追い犬としての仕事はなくなってしまいますが、その後は工場や店の護衛などで活躍、第一次世界大戦時には、警察犬に採用され、一気に知名度が上がり、第二次世界大戦では軍用犬として活躍しました。現在は、その大胆不敵な性格から番犬として使われたり、そのりりしい外見からショードックとして活躍しています。
作出当時は長らく「ミュンヘンの犬」を意味するミュンヒナーと呼ばれていましたが、頭数が減少傾向にあった時、その流れに歯止めをかけようとした愛好家が、人気犬種であった「シュナウザー」の名を冠してジャイアントシュナウザーと呼び始めたことが、名前の由来と言われています。