ボストンテリア

ボストンテリア【Boston Terrier】

ボストンテリア/ペット図鑑

原産国 アメリカ
体重 5㎏~11kg
体高 28cm~38cm
グルーブ 9G

特徴

頭部やマズル、尾などは短めで、引き締まった体は均整がとれています。スムース・コートと呼ばれる短い毛は、滑らかで光沢があります。顔立ちはブルドッグの系統ですが全体のバランスはテリアの影響が強く出ています。フレンチ・ブルドッグと外見が似ているために、間違われる方が多い犬種です。ドッグショーなどに出展する場合、体重によって3つの級に分けられています。

性格

愛情深く温厚で寛容さもあるので、家族だけでなく知らない人や犬にでもフレンドリーに接します。無駄吠えが少ないので、マンションなどの集合住宅で飼うのに適しています。感受性が強いため、飼い主の表情や声から気持ちを敏感にくみ取ってくれますが、一度興奮するとなかなか治まらない面もあります。

毛色

アメリカではタキシードを着た紳士のような黒に白の斑の“ボストンカラー”が人気の高い毛色です。日本では大部分が“ブラックブリンドルホワイト”や“ブリンドルホワイト”で“ボストンカラー”は希少な毛色になります。

育て方

ダブルコートのため換毛期には抜け毛が多くなるので毎日ブラッシングしてあげる必要があります。
とてもアクティブで運動が大好きですし太りやすい犬種なので運動は必須です。しかし、短吻種で体温調整が苦手なので、呼吸困難にならないよう激しい運動は避け、散歩は朝夕1日2回、1回につき30分程度にしてください。夏季は散歩を取りやめて室内での運動でも良いでしょう。
子犬の頃からたっぷりと愛情を注ぎながらもしっかりとしつけて、けじめのあるコミュニケーションをすることで、落ち着いた犬に育ててあげてください。

気をつけたい病気

短頭種は、生まれつき鼻から喉頭にかけての気道が狭いという身体的特徴を持っているため、短頭種気道症候群には特に注意が必要です。普段からいびきや呼吸音に注意し、頻繁になったら早めに病院に行って相談して下さい。
白内障もよくみられますが、近年では症状の進行を抑える目薬などがありますので、早期発見が大切です。歩行中にどこかによくぶつかる、つまずくといった行動がないか普段から注意することが大切です。
他に椎間板ヘルニアや膝蓋骨脱臼、皮膚疾患などがかかりやすい傾向があります。
遺伝性疾患も一般の病気も比較的多い犬種とされており、特に遺伝性疾患の場合はこれといった予防法がありませんが、できるだけ早く発見してあげることで、進行の抑制をすることはできます。かかりやすい病気に関する知識を持ち日頃から変化に気を付けてあげましょう。定期健診を受けることも大切です。

歴史

アメリカ原産の犬種としては、チェサピーク・ベイ・レトリーバー、アメリカン・フォックスハウンドに次ぐ3番目に古い歴史を持っています。
1860年代にアメリカ・マサチューセッツ州ボストンで白いイングリッシュ・テリアとブルドッグを交配して生まれたジャッジという名の犬が起源と言われています。ジャッジは、白くて小柄なメス犬と交配、生まれた仔犬もさらに小さなメス犬と交配されて生まれた4頭の仔犬たちが、現在のボストン・テリアの基礎犬となりました。当初はかなりの大型でしたが、ブリーダー達による改良と努力により現在のコンパクトでスクエアな体型となりました。
現在ではアメリカを代表する犬の一つで、アメリカの名門大学・ボストン大学のマスコットとしても有名です。タキシードを着たように見える被毛から「小さなアメリカ紳士」とも呼ばれています。また、日本の漫画「のらくろ」のモデルとも言われています。