パグ

パグ【Pug】

パグ/ペット図鑑

原産国 中国
体重 6.5kg~8kg
体高 25cm~28cm
グルーブ 9G

特徴

スクエアな体型で、よく筋肉が発達し締まった体をしています。頭部はバランスの取れた大きさで、しわが寄った額、鼻先が短い顔立ちが特徴です。耳は前に垂れて先端が目の方にくるボタン耳と、反り返って内部が見えるローズ耳があります。鼻先が短いので呼吸が浅く、いびきをかきやすいです。

性格

愛くるしい見た目通りの明るい性格で、のんびり落ち着いているので室内向きの犬種といわれています。愛情深いので飼い主を喜ばせることが大好きです。他人や他の犬に対しても大変友好的です。また、独立心が強いので留守番も大丈夫です。
反面、頑固で自尊心が高いところがあり、自分の意思を曲げないマイペースさも持っています。

毛色

毛色はシルバー、アプリコット、フォーン、ブラックがあります。ブラック以外では、マズルやマスク、耳、頬、前頭部などに黒が入る個体が多いです。後頭部から尾部にかけて黒い線があり、トーレスと呼ばれています。

育て方

被毛は短く滑らかなので比較的手入れは簡単ですが、抜け毛はあります。また皮膚が弱い個体が多く、おでこのしわ部分は通気性が悪いので清潔に保つことが大切です。定期的にブラッシングを行いながら皮膚の状態にも注意するようにしてください。
食欲旺盛で肥満になりやすいので、運動と食事管理は大切です。運動は1日に30分くらいの散歩以外にも室内で沢山遊んであげてください。
短頭種で暑さ寒さに大変弱いので室内でも温度管理に注意が必要です。
明るく人懐こい性格で比較的飼いやすい犬種ですが、甘やかして育てると頑固さが前面に出てきてしまいます。他の犬種に比べて賢い方ではないので、幼犬期から威厳をもって繰り返し辛抱強くしつけてあげることが大事です。

気をつけたい病気

壊死性髄膜脳炎はパグに起こりやすい病気で、別名「パグ脳炎」とも呼ばれています。詳しい原因は分かっていませんが、数日で死亡に至ることもある恐ろしい病気です。遺伝的要因が言われているため、親兄弟含めて発症した犬がいないか確認しておいたほうが良いでしょう。
鼻の短い犬種なので軟口蓋過長症や鼻腔狹窄症などの呼吸器の疾患が起こりやすいことで知られています。ひどくなると呼吸困難になります。
顔にシワが多いので、シワの中に汚れがたまり皮膚炎を起こしやすいです。清潔な状態を維持してあげることでかなり予防することが出来ます。
飼う前にかかりやすい病気に対する知識を持ち、もしかかってしまった場合にはどう向き合っていけばよいのかをしっかりと知っておくことが大切です。

歴史

起源や歴史はよくわかっていませんが、紀元前400年の中国に存在していたという記録があります。17世紀頃に、中国との交易が盛んだったオランダの代表的な貿易商社である東インド会社を通じてイギリス初めヨーロッパの国々へ紹介されました。そのため、ダッチ・ドッグ(オランダの犬)と呼ばれて、長い間オランダ原産の犬種と思われていたようです。
この犬を愛好した王侯貴族にはイギリスのウィリアム3世、ロシアのエカテリーナ2世王妃、フランスのナポレオンの皇后ジョセフィーヌなどがおり、それぞれにパグにまつわるエピソードを残しています。その後も改良が加えられて、20世紀に入り現在の容姿になりました。日本に入って来たのは戦中から戦後の20世紀前半です。現在も世界中で人気の高い犬種で、CMや映画にも登場しています。