柴犬

柴犬【Shiba Inu】

原産国 日本
体重 9㎏前後
体高 牡40㎝、牝37㎝
それぞれ上下幅は1.5㎝まで
グルーブ 5G

特徴

体高に比べ体長がやや長く、小さな立ち耳でダブルコートです。尾は背中の上に巻く「巻き尾」(左巻きと右巻き)、鎌の刃のような半円を描く「さし尾」などの形態があります。
小型ですが骨格がしっかりとして、筋肉はよく発達しています。丈夫で動作は敏捷、かわいらしさと美しさを合わせ持っています。

性格

忠実で服従心があります。
猟犬・番犬として活躍してきた犬種なので、勇敢で大胆な気質を備えています。自立心が強く自信にあふれていますが、それが頑固に見えることもあります。家族に対してもベタベタ甘えることは少なく、クールに接します。保守的で防衛心が強いので、他人や他犬には厳しい態度を見せることもあります。

毛色

赤、胡麻(黒胡麻、赤胡麻)、黒褐色などがあります。マズルの裏白(逆マスク=鼻口部から目の上または頬にかけて白斑が広がっている)はこの犬種の斑の特色です。

育て方

山岳地帯の猟犬として活躍していた犬種なので、小さくてもスタミナがあります。運動不足はストレスになるので、毎日1時間以上の散歩は必要です。可能であれば、ドッグランなどで走らせてエネルギーを発散させてあげると良いでしょう。
警戒心が強く、他者から距離を置く傾向があるので、子犬の頃から見知らぬ人、犬、物事と触れ合う機会を作って、社会性を身につけさせていくことが大切です。
しつけにおいては、毅然とした態度をとりつつ、上手にほめながらトレーニングを行うなど、絆を深めながら進めてください。ドッグトレーナーなどの専門家のアドバイスを受けるのも良いでしょう。

気をつけたい病気

病気にあまりかかりにくく丈夫な犬種と言われています。しかし病気になった時、持ち前の我慢強さから体調の悪さをあまり出さないので、病気に気づかないことがあります。普段から体調の変化に注意し、少しでも異変を感じたら早めに獣医さんの診察を受けるようにしましよう。
皮膚疾患の多い犬種で、真菌が原因であるものやアトピー性皮膚炎など、症状や原因は多様です。かゆみや発赤とともに、脱毛を起こすことがしばしばあります。普段からブラッシングは丁寧にこまめに行いながら、変化に注意しましょう。
健康で長寿が多いことも特徴で、15歳以上になる柴犬も多くいますが、痴呆の症状が出やすいと言われています。高齢になっても好奇心を刺激し、ゆっくりでも散歩に連れ出すことが予防になることも多くあるようです。

歴史

祖先は原始時代に南方から渡ってきた犬と考えられおり、四国にある縄文時代の上黒岩古墳から骨が発掘されています。縄文時代からずっと人と生活を共にしてきました。
近代以降猟犬として飼われており、長い間に各地にちらばって、信州柴、美濃柴、山陰柴など、その産地は広域にわたります。
明治から大正にかけて洋犬が流行となって交雑化が始まり、昭和のはじめには純粋な日本犬はわずかとなってしまったため、絶滅から守ろうとする動きが始まって日本犬保存会が発足されました。昭和12年に天然記念物の指定を受けています。