ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャット【Norwegian Forest Cat】

ノルウェージャンフォレストキャット/ペット図鑑

原産国 ノルウェー
公認団体 CFA ・ TICA ・ FIFe ・ GCCF
毛種 長毛種

特徴

美しい長毛にふさふさした長い尾が印象的です。大きな体で野性味があり堂々として気品があります。体はがっしりとした骨格で筋肉質です。頭部は三角形で鼻筋はまっすぐ通っていて、目は大きくアーモンド形です。

性格

とても温厚で優しい性格ですが、遊ぶのも大好きです。子どもや他猫に対してもフレンドリーで順応性があります。水を楽しむ数少ない猫種の一つです。頑丈な体に見合った忍耐強さや賢さ、勇敢さも備えています。

毛色

大きく分類すると「黒系」「白系」「茶色系」「青系」「赤系」の5種類に分かれ、その被毛の模様もさまざまです。ブラウンタビー&ホワイトやオレンジタビー&ホワイトなどのバイカラーが一般的です。

育て方

成猫として完成するまでに3~5年かかる猫種なので、しっかりした骨格と筋肉、美しい被毛を作るために良質な食事を与えることが大切です。
長毛なので週に3?4回はブラッシングをする必要があります。換毛期は特に頻繁にブラッシングをして抜けた毛を取り除いてください。また、被毛は皮脂に薄く覆われているので、毛を美しく保つために定期的なシャンプーも大切です。
高い所に上るのも得意ですが、体が大きいので、キャットタワーは丈夫なものを選んで固定したり、家具の上を片付けたりするなど、安全に配慮した対策をとってください。

気をつけたい病気

純血種としては遺伝性の病気が少なく、比較的丈夫な猫種です。
かかりやすい病気としては、猫に多い心臓病の肥大型心筋症や、肥満による糖尿病があります。太りやすい傾向がある猫種なので、特に食事やおやつのあげすぎには注意が必要です。
毛の量が多く長いので、日頃からお手入れをして抜け毛を取っておかないと、皮膚疾患や毛球症になってしまうので注意が必要です。

歴史

祖先は南ヨーロッパに住んでいた短毛の猫skogkatt(スコグカット)であるなど、いろいろな説がありますが、はっきりしたことはわかっていません。
北欧の神話に登場するほどノルウェーに古くから生息し、厳しい寒さの中で生き残り、交配が繰り返される中で、長毛でやや大きめの猫になりました。長い歴史の中で人間の生活に近づき、ネズミ退治のために農場や船の上などで飼育されていました。ノルウェーでは昔から「森林の猫」と呼ばれ、人々から愛されてきました。
1930年代になって、国を代表する猫として血統の保存と管理が始まりました。しかし第二次世界大戦が始まると活動が中断され、その数は大きく減ってしまいます。1970年代に入り活動が再開されブリーダーや愛好家による繁殖が進み、1975年にノルウェージャン・フォレスト・キャットクラブが設立されました。
1979年に初めてアメリカへ渡り、1984年正式に品種として認められ、世界的に知られるようになりました。