ポメラニアン【Pomeranian】

ポメラニアン/ペット図鑑

原産国 ドイツ
体重 1.3kg~3.2kg(1.8㎏~2.3㎏が理想)
体高 20cm前後
グルーブ 5G

特徴

体の各部がよく引き締まり、小さいながらも丈夫な犬種です。被毛は粗く豊富で、尻尾の飾り毛は扇のように広がっていて豪華です。可憐で知性あふれる表情を見せます。

性格

人間が好きで、特に飼い主に対して強い忠誠心があり、深い絆を構築したがります。好奇心旺盛で甘え上手です。他犬に対してもフレンドリーに接するので多頭飼育もあまり難しくありません。その一方で、繊細で気が強い一面もあり、よく吠える傾向があります。

毛色

ホワイト、ブラック、ブラウン、チョコレート、レッド、オレンジ、クリーム、オレンジ・セーブル、ビーバー(濃いベージュ)、ブルー(灰色)などの単色と、ブラック・タン(黒茶)、ウルフ・セーブル(灰に黒の差し毛)、パーティ・カラー(混色)などがあります。
近年は、マールという単色にブルーやグレーのまだら模様が混じる毛色も出てきています。

育て方

豪華な毛並みを維持するためには、こまめなブラッシングやトリミングが大切です。毛量の多さから皮膚病などに気付きにくいので定期的にチェックしましょう。
活発で運動好きなので毎日の運動は必須ですが、手足の骨格が細いので、関節に負担をかけないように散歩の量は体調をみながら加減してください。また、好奇心旺盛なので誤飲に注意してください。
賢いので、しつけも覚えやすく芸も出来ます。「吠え易い・噛み易い」犬種ですが、子犬の頃からきちんとしつけて社会化に努めれば、ある程度は抑えることができます。

気をつけたい病気

骨が弱いので膝蓋骨脱臼やレッグペルテス症(大腿骨頭壊死症)など、関節に異常が起きることが多い犬種です。治療には早期発見が大切なので、歩き方がおかしいと感じたら早めに受診するようにしましょう。
気管虚脱など、喉や気管の病気にもかかりやすい傾向があります。命にかかわることもあるので、日頃から呼吸音には注意が必要です。
他にクッシング症候群、水頭症、流涙症などにかかりやすいと言われています。日頃からよく観察したり、定期的に検診を受けたりすることで、早期発見・早期治療を心がけましょう。

歴史

祖先犬は、北方スピッツ系のサモエドと言われています。18世紀頃ドイツ東部とポーランド西部にまたがるポメラニア地方の牧羊・作業犬が、品種改良によりやや小型化され、その後イギリスに渡って愛好されました。
その後、ポメラニアンの存在を広めたのは、イギリスのヴィクトリア女王と言われています。この当時、体重は現在より大きめでしたが、ヴィクトリア女王が展覧会に出陳した、小柄なポメラニアンが優勝したことがきっかけで「女王の犬」として人気が爆発し、より小型化の方向に改良・繁殖されるようになりました。
日本では1970年代以降、家庭犬・愛玩犬として人気の犬種となりました。