フレンチブルドッグ【French Bulldog】

フレンチブルドッグ/ペット図鑑

原産国 フランス
体重 10kg前後
体高 26cm~31cm
グルーブ 9G

特徴

鼻が短い短頭種で、角形の頭部は大きく、体は筋肉質でがっちりしています。大きな立ち耳はコウモリの羽のようなので、「バット・イヤー(こうもり耳)」と呼ばれています。毛は短毛ですが、滑らかで光沢があります。他の犬種に比べて白目の割合が多く口も大きいため、表情がとても豊かです。

性格

聡明で活発、愛情深い性質で、家族と共に過ごすことが大好きです。神経質ではないので無駄吠えは少なく、集合住宅でも飼いやすい犬種です。他犬には友好的ですが、家族以外の人に対してすぐ懐くことは少ないようです。もともと闘犬系の血が入っていることもあり興奮しやすい面があります。

毛色

カラーは大きく分けてフォーン、クリーム、ブリンドル、バイドの4種類です。

フォーン…  明るい茶系で、濃淡は様々あり個性的な色合いです。
クリーム…  クリーム色の単色で、優しい色合いで人気の毛色です。
ブリンドル… 黒地のベースで、褐色系やホワイトなどの色が入ってくる毛色です。
パイド…   白地のベースに黒系や茶系の色が入りぶち模様になる毛色です。

育て方

毛は短いですが抜け毛が多いので、ブラッシングはこまめに行ってください。暑さ寒さに弱いので必ず室内で飼い、冬は服を着せるなど季節に合わせた工夫が必要です。 顔のしわは汚れがたまりやすいので、定期的に優しくふいてあげると良いでしょう。がに股の体型なので、股関節に負担がかからぬように、適度な散歩や運動を心がけてください。
穏やかで人懐っこい性質なので人間と生活がしやすいものの、ブルドッグ特有の頑固な一面も持っているので、子犬のうちに家族との信頼関係を作りながら、根気よくしつけて社会性をつけてあげてください。

気をつけたい病気

短頭種は、生まれつき鼻から喉頭にかけての気道が狭いという身体的特徴を持っているため、短頭種気道症候群には特に注意が必要です。これは軟口蓋過長症、外鼻孔狭窄、喉頭虚脱、気管低形成などが単独または複数で起こるものです。普段からいびきや呼吸音に注意し、頻繁になったら早めに病院に行って相談して下さい。
短毛のため紫外線によるトラブルや接触アレルギーなどの皮膚病や、椎間板ヘルニア、外耳炎、悪性腫瘍(がん)などの病気もかかりやすいことが知られています。早期発見のために、日頃から健康状態に注意し、病院で定期健診を受けるようにすると良いでしょう。

歴史

起源には諸説ありますが、1850年頃イギリスで飼われていたイングリッシュ・ブルドッグがフランスに渡り、パグやテリアの血を加えて誕生したという説が有力です。当初は鼠の捕殺に用いられていましたが、改良を重ねる中で温和な性格になっていき、愛玩犬として貴族の間で大変人気になりました。この頃は立ち耳と垂れ耳の2タイプがいましたが、アメリカ人のブリーダーがフランスから自国に持ち帰って交配を重ねた結果、立ち耳が犬種の標準とされるようになりました。
日本には大正時代に家庭犬として紹介され、昭和初期にかけて数多く飼育されました。その後日本での人気は衰えましたが、近年人気が復活しています。