スコティッシュフォールド【Scottish Fold】

スコティッシュフォールド

原産国 スコットランド(イギリス)
公認団体 CFA・TICA
毛種 短毛種・長毛種

特徴

長毛と短毛の2種類があり、体格はがっちりしています。丸い目と丸い顔に折れ曲がった耳が印象的です。
折れまがった(フォールド)耳は独特ですが、突然変異とされています。折れ耳は持って生まれるわけではなく、生後13日目から23日目にかけて折れ始めます。遺伝的に折れ耳になるのは全体の3割強から5割くらいと言われています。折れ耳にならなかった立ち耳の猫はスコティッシュストレートと呼ばれています。
「人間のよう」「プッダのよう」と言われるような独特の座り方をすることがあり、スコ座りとも呼ばれます。

性格

人懐こい性格で、子どもや同居動物との相性も良く人見知りもしないので、環境の変化に対する適応力があります。
賢く、好奇心が強く、家族と共にいることを好みます。活発な面とおとなしい面がバランス良く共存していて飼いやすい猫種です。
鳴くことは多いですが、鳴き声が小さいのも特徴です。

毛色

短毛、長毛ともに、白、黒、レッド、クリーム、ブルーなど非常に多くの毛色があります。また、ソリッド(単色)だけでなく、タビー(縞模様)やキャリコ(三毛)などのバリエーションも豊富です。

育て方

耳が折れているタイプは耳に汚れが溜まりやすいので、定期的な耳掃除が必要です。折れている部分も丁寧に優しくきれいにしてあげてください。
被毛は密集していて毛の量も豊富なので、定期的なブラッシングやコーミングが必要です。特に長毛タイプは週に2~3回はブラッシングをしてあげましょう。こまめにブラッシングをしないと、毛が絡まって毛玉になりやすく、毛球症をおこしやすくなります。

気をつけたい病気

近親交配が多くなされてきたことから、遺伝性疾患が多く出ることが知られています。5~6歳までに発症することが多いので、日頃からよく観察するだけでなく、定期的に動物病院で検診をしてもらうのも良いでしょう。
非常に多くみられるのは遺伝性骨軟骨異形成症で、手足やしっぽの関節部の軟骨が瘤状に大きくなり、痛みが出て歩行困難となります。禁忌とされている両親とも折れ耳で交配した場合に発生する確率が非常に高いようです。
また、内臓疾患も起きやすいとされており、心肥大や腎臓障害、尿路疾患などが知られています。

歴史

歴史の浅い猫種で、1960年代にスコットランドの小さな農場で飼われていた猫が生んだ子猫の中に、耳の折れたネコがいたのが始まりです。「スージー」と名づけられたこの猫が生んだ子猫のうちの2匹がやはり耳の折れた猫でした。その後この折れ耳は遺伝することがわかり、1966年イギリスの猫種血統登録団体であるGCCFに登録され、本格的な繁殖が行われることになりました。
しかし、骨格や聴力の異常が続発するようになり、1971年イギリスでこの猫種の登録と繁殖を中止することになりました。
その後はアメリカへ輸出されて繁殖が続けられ、1970年代までにはアメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘア、エキゾチックショートヘアなどとの交配を行うことで、遺伝性の病気の影響を小さくできると結論付けられました。1977年にはアメリカでCFAに登録され、世界中で知られる大人気の猫となりました。