チワワ【Chihuahua】

チワワ/ペット図鑑

原産国 メキシコ
体重 2.7㎏以下
体高 12cm~20cm
グルーブ 9G

特徴

世界的に公認された犬の中でも最も小さな犬種です。
利口そうで愛らしい表情をしています。手足は細いものの胴体と頭蓋骨はがっちりとしています。アップルドームといわれるリンゴ型の頭と、比較的大きな立ち耳の独特な容姿が魅力です。毛の長さによって、スムース・コートとロング・コートの2タイプがあります。
初めて飼う人や多頭飼いを希望する人など、幅広い層に向いている犬種です。

性格

チワワは明るく陽気ですが、勇敢で負けん気の強い面もあります。また、保守的で警戒心が強いため、家族とそうでない人をはっきりと区別する傾向があり、初対面の人には懐きにくいことが多いです。飼い主に対しては愛情深く忠誠を尽くすので、きちんとしつけをすれば優れた家庭犬となります。

毛色

マール・カラー以外のすべての色調および組み合わせが認められています。主なものにピュアレッド、タン、ホワイト、ブラック&ホワイト、レッド&ホワイト、ブラック&タン、ブラウン&イエローなどがあります。

育て方

動きが機敏でとても活発なので、散歩は毎日30分程度、可能であれば1日2回行うと良いでしょう。室内でも多様な遊具を用意して十分に遊べるよう配慮してください。
怖がりで社会性が低いため、防衛本能が強くなりすぎると無駄吠えが多くなる場合があります。小さい頃から積極的に外に連れ出して、他犬と触れ合う機会を作りましよう。体が小さい上被毛も厚くないので、冬は衣類を着せるなど、暑さ寒さに対する管理が必要です。

気をつけたい病気

チワワには、頭部に「ペコ」と呼ばれる凹がある個体が多く出ることが知られています。
これは頭蓋骨の接合部(泉門)が不完全な状態で生まれてくることで起こります。ペコのある個体は特に頭に対する刺激や激しい振動は避けるようにしましょう。
他に起こりやすい病気は、膝蓋骨脱臼や眼病、神経疾患などが知られています。
高い運動神経を備えている犬種ですが、体が小さく華奢なので怪我や病気には特に注意が必要です。早期発見、早期治療を心がけてください。

歴史

そのルーツや歴史ははっきりしていませんが、10~11世紀頃メキシコを支配していたトルテカ族が飼っていた「テチチ」という小さな犬が祖先犬ではないかという説が有力です。
メキシコのチワワ州からアメリカに持ち込まれたことから「チワワ」と呼ばれるようになりました。19世紀半ば頃、アメリカで品種改良が進められ、世界の人々の人気の犬種へと発展を遂げました。その後1970年頃から本格的に日本に輸入されるようになり、以降都市化が進む中で、日本でも家庭で飼いやすい大きさのペットとして愛好される犬種となりました。