ウエストハイランドホワイトテリア【West Highland White Terrier】

ウエストハイランドホワイトテリア/ペット図鑑

原産国 イギリス
体重 7㎏~10kg
体高 28cm前後
グルーブ 3G

特徴

優しい表情に満ちていて清楚です。胴と手足は短くスクエア型の体型で、頭は少し大きく立ち耳です。姿勢の良さとピンと上を向いた尻尾といったテリアならではの特徴も受け継いでいます。純白の毛はダブルコートです。小型害獣の狩猟犬でしたが、現在は狩猟に使われることは殆どないため断尾も行われなくなっています。

性格

典型的なテリア気質で、活発で好奇心旺盛ですが、狩猟犬だったので勇敢で気の強い一面も持ち合わせています。独立心が強く頑固なところもありますが、きちんと躾をすれば飼い主に従順で強い忠誠心を見せるようになります。

毛色

白のみが認められていますが、一部黄色がかっている場合もあります。

育て方

明るく活発なので、散歩は1回30分を1日2回程度行ってください。寒さに強いですが暑さに弱い犬種なので、真夏の炎天下のお散歩などは控えた方が良いでしょう。遊び好きで特に飼い主と遊ぶことが大好きなので、信頼関係を築くためにも室内で沢山遊んであげるととても喜びます。
警戒心が強く興奮しやすい面もあり、小動物に対してもあまり友好的ではないといわれています。まずは子犬の頃から社会性を身に付けることが大切です。散歩中に出会う猫などにくれぐれも注意し、放し飼いはやめましょう。
わがままで頑固な面があるため、しつけはやや難しいかもしれません。ほめることを大切に、根気よく行うことが必要です。
ダブルコートですが抜け毛が少ないため皮膚病になりやすい傾向があるので、2日に1日程度はブラッシングをしながら、皮膚の状態をチェックしてください。また、プラッキング(被毛を専用のナイフや指で間引くこと)を行って被毛を整えてあげる必要がありますが、安全のためにもプロのトリマーに任せた方が良いでしょう。

気をつけたい病気

皮膚疾患になりやすい犬種として知られており、アレルギー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎のほか、細菌感染などが原因で皮膚炎を引き起こすこともあります。ブラッシングの時皮膚の状態に注意し、何か変化に気が付いたら早めに獣医師に相談をして早期治療を心がけてください。
また、肺動脈弁狭窄や頭蓋下顎骨症など、生後数カ月から症状が現れる先天性疾患や、小型犬によくある膝蓋骨脱臼も気を付けたい病気です。

歴史

起源は、イギリス・スコットランド地方で飼育されていたケアーンテリアから時々生まれる白い毛色の個体を選別し、固定したものと考えられています。当時は、この選抜繁殖を行なったマルコム家の人々が住んでいた地名からポルタロッチテリアと呼ばれていました。その後、アメリカに渡ってローズニーズテリアという名前に変わり、AKCアメリカンケネルクラブ登録の翌年に、現在のウエストハイランドホワイトテリアに改名されました。
もともとキツネを狩る猟犬として開発されましたが、アメリカに渡ると見た目の美しさや愛らしさに人気が集まり、次第に家庭犬として世界中で親しまれるようになりました。特にアメリカでは、人気ランキングで常にベスト10に入るほどポピュラーな犬種になっています。日本でもウエスティーの愛称で親しまれています。