ボーダーコリー【Border Collie】

ボーダーコリー/ペット図鑑

原産国 イングランド(スコットランド)
体重 20kg前後
体高 53cm前後
グルーブ 1G

特徴

やや大きめの中型犬で、体高よりも体長のほうがやや長く、バランスの良いスマートな体型をしています。反射神経や瞬発力、持久力に優れており、素晴らしい運動能力を持っています。また柔軟な体をしているため、素早い動きが可能です。
被毛は長毛と短毛の2タイプあり豊富で滑らかな手触りです。耳は直立または半直立で、豊かな毛の長い尾は静止している時は垂らして保っています。

性格

全犬種のなかでもトップクラスの頭のよさを誇ります。作業意欲が強く洞察力があるので、自分で状況を判断して行動することができます。
家族には大変愛情深く忠実です。知らない人や他犬には神経質になる場合があり、家族と作業することを好む傾向があります。

毛色

さまざまな毛色が認められいて、ソリッド(単色)カラー、バイカラーのほか、複数の色が混ざりあるカラーも存在します。日本ではブラック&ホワイトのバイカラーが主流です。

育て方

従順で賢いので訓練しやすい犬種ですが、あいまいな態度で接したり、甘やかしすぎたりすると無駄吠えなど悪癖の原因となってしまうので、主従関係をしっかり作ることが大切です。
運動能力に優れており非常に活動的であるため、朝夕1時間程度の散歩は欠かせません。また、知能や作業意欲も高いため、散歩のほかにアジリティの要素を取り込むなど、作業意欲を満たすことができる頭を使う運動や遊びをしてあげましょう。
長毛・短毛にかかわらずダブルコートで下毛が抜けますので、週に2~3回程度のブラッシングをして抜け毛を取り除いであげてください。

気をつけたい病気

がっしりした体格なので丈夫そうですが、他の犬種に比べて遺伝的な病気が多い犬種です。股関節形成不全、肘関節異形性は比較的多く見られ、遺伝性の素因が認められます。セロイドリポフスチン症(CL病)は脳と神経を侵す遺伝病です。発症率が極めて高いコリーアイ異常は、眼球を覆う膜の1つ「脈絡膜」が成長段階で異常を起こす病気です。
遺伝的な病気は、未然に防ぐことは難しいですが、かかりやすい病気についての知識を持ち、早期発見・早期治療に努めることが大切です。

歴史

祖先犬は、8世紀後半から11世紀にかけてスカンジナビア半島を中心に活躍したバイキングがイギリスに持ち込んだトナカイ用の牧羊犬だと言われています。土着の牧羊犬やラフ・コリーの祖先犬と交配され、19世紀末頃にはほぼ現在の形になりました。その後、ラフ・コリーなどがショー・ドッグとして人気を高めていきましたが、ボーダー・コリーは、長い間その作業能力ばかりが高く評価されて牧場に取り残されていました。
最初の犬種標準ができたのは1906年になってからのことです。ドッグスポーツや訓練競技会に参加するようになってボーダー・コリーばかりが上位を独占するようになり、その独自性が見直されたのがきっかけと言われています。今ではディスク競技やアジリティなどのドッグ・スポーツ界で大活躍する犬種となっています。
「コリー」は牧羊犬を意味し、「ボーダー」はイングランドとスコットランドの国境地域・ボーダーの地名からきたという説や国境・辺境という意味からきたという説など諸説あるようです。