キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル【Cavalier King Charles Spaniel】

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル/ペット図鑑

原産国 イギリス
体重 5.5kg~8kg
体高 31cm~33cm
グルーブ 9G

特徴

やや大きめの小型犬で、体高より体長が長めです。垂れ耳と大きな目が特徴的で、足と胸と尾に生えている飾り毛は絹糸のように滑らかです。身のこなしが優雅でバランスのとれた紳士的な表情を持っています。

性格

明るく陽気な性格です。大変穏やかで社交的なので、子どもや他の動物とも仲良くすることができます。家族には特に愛情深い上、無駄吠えや噛み癖なども少ないので初心者の方にも飼いやすい犬種です。

毛色

ブラック&タン、ルビー、ブレンハイム、トライカラーの4色があります。
 
ブラック&タン… 黒色をベースとして黄褐色の差し色が入っています。
ルビー…     全体が鮮やかな茶色(レッド)です。
ブレンハイム…  白色をベースに茶色の模様が入ります。
トライカラー…  白・黒・黄褐色の3色が混じっています。

育て方

小型犬としてはやや大きめで遊び好きなので、毎日30分くらいの散歩は欠かせません。室内でもなるべく一緒に遊んであげることが大切です。 被毛はダブルコートで飾り毛もあり、特に換毛期は抜け毛が多くなるので、週に3回くらいは解きほぐしてブラッシングしてあげましょう。 常に愛情を持って接していると、飼い主の考えていることを理解しようとしてくれます。

気をつけたい病気

遺伝的に多いとされているのが僧房弁閉鎖不全症です。高齢になるとどの犬でも起こりやすい疾患ですが、この犬種の場合、早い犬は生後1~2年から起こり6歳以上になると全体の6割以上がかかると言われています。早めの治療が必要なので、定期的に心臓の状態を診てもらうことが大切です。また普段から食生活にも気をつけてください。
また他の犬種より目が突出しているため、結膜炎など眼の疾患にも注意が必要です。
他に短頭種気道症候群などの呼吸器疾患や、急性膵炎などの消化器疾患、白内障、膝蓋骨脱臼なども比較的多くみられます。

歴史

16世紀ごろ鳥猟犬として活躍していた犬が祖先犬と言われています。
16世紀から19世紀の間、英国王室では小型のスパニエルである「トイ・スパニエル」がたいへん愛されていました。特にチャールズ2世は、あまりに溺愛しすぎたために公務に支障がでるといったエピソードがあるほどでした。
しかし18世紀にヨーロッパで短吻種の犬が流行し、その影響を受けてパグなどとの交配が進み、やがてスパニエル種の短吻タイプ「キング・チャールズ・スパニエル」が誕生しました。
19世紀初めに、チャールズ2世が育てていたような長吻タイプへの復活を求めて、アメリカの富豪であるロズウェル・エルドリッジ氏が巨額の懸賞金をかけました。その結果、繁殖家たちがこぞって戻し交配を進め現在の長吻タイプが誕生し、1945年にイギリスで「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」という犬種として登録されました。キャバリアとは「騎士」という意味で、イギリスでは現在でも愛玩犬として大変人気の犬種です。