わんにゃふるブログ

ジメジメを乗り切りましょ。(東洋医学のおはなし)

涼しかったり、蒸し暑かったりなお天気ですね。先日、冷感触マスクを見かけ、思わず購入してしまいました。お口周りの蒸れはもちろん、マスク焼けなんていうのも気になりだしました。

アラートもだいぶ緩くなり、一気に人手も増え、まだ不安は払拭されませんが、一日も早く、終息に向かってほしいと日々、日々祈るばかりです。

さて、梅雨につきものの、湿気。ワンちゃん達は湿気が苦手、ネコちゃん達はどちらかというと湿気に強いというイメージありますよね。でも、ヒトだけでなく、ワンズ・ニャンズにも熱中症があります。

東洋医学的には、【湿邪(しつじゃ)】、身体の水【(すい)】、つまり体内の水分や体液などが滞ったり、不足することで、体内外に悪さが働きます。体内分泌が低下するために、消化力が弱まり胃腸不調が、不足することで尿量が減り、だるさやむくみ、頭痛や関節痛、また痒みを伴う湿疹などらの皮膚疾患が起こると考されています。

ワンニャンも、グデーとしたり、なんか動きが鈍いかなぁとか、やたらと息がハァハァしたり、食欲にムラが出てるのもこの【湿邪】のせいかもしれませんね。

うちのニャンは、蒸し暑くても大丈夫!ワンにクーラーつけてるから大丈夫!でもないんです。

身体の温度がほどよく調節できる空間を工夫すること、また身体の中に【水】の流れがスムーズにできるようなように、水分量を意識して、お水の箇所を増やしたり、水分が多く含まれるウェットフードを取るようにしたり、ネコちゃんには、好きなスタイルのお水の飲み方をを楽しませてあげるのもだいじですね。

食材で言えば、ヨーグルトや豆類、冬瓜やハトムギ、とうもろこしのひげ茶などをとることもいいですね。

どんなふうにしたら、お水を飲むようになるか、逆に水分の取りすぎもよろしくないので、あーでもない、こうでもないといろいろ考えてみるのも、ペットケアですね。

さぁ、今年も頑張って、コロナだけでなく、また1シーズン乗り切りましょっ!

 

はじめまして。

本部ホームページのリニューアルしました!

こんにちは。麻生店、わんにゃふる代表の松本です。

こちらのブログでは当店からのご連絡やご案内、ペットちゃんにまつわる雑学的なお話から専門的なお話まで、ペットあるあるなど、気軽に読んでいただける記事を綴っていきたいと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

わんにゃふる
代表 松本