わんにゃふるブログ

寒さ対策〜猫編

朝晩の冷え込みで、ニャンズ(猫ちゃん達)とお布団の温もりが心地よい日が多くなってきましたねー。

寒さ対策と言えば、おコタツやホットカーペット、エアコン、ストーブにフカフカのベッドを思い起こす方は多いと思います。 

ただ暖かい場所を作るだけでなく、ニャンズが快適に過ごしてもらえるよう、ニャンズが移動できる全ての空間、お部屋もしくは家の中で、暖かさの強弱を作ることもだいじなんです。

これはニャンズに限らず、ワンちゃん達にも。

例えば、お部屋の中。キャットタワーや棚の上など高い場所に移動できるようであれば、そこにエアコンの暖かい風がいくようにしたり。足元は冷たい空気が回るので、あんかをいれたフカフカベッドを床面に置くなど。お部屋の上部と下部で暖かさの差をつけて、空間の中間あたりは、普通のベッドやボアなどの毛布を置いてみたりなんていう空間づくり。

こうすると、ニャンズは、その日、その時の体調に合わせて、自分で心地よい場所を見つけてくつろいでくれます。

アンカを入れたベッドの代わりに、ホットカーペットや床暖の上に、静電気の起こりにくい、綿のタオルケットなどを置いても良いかと思います。

そしてニャンズに一番気をつけたいと言ってもいいくらいの【水分摂取】。

床面に直接、ボウルにお水を入れて置いたり、ペットテーブルなどに置いてあるおうちもあるかと思います。

床面は一番冷たい空気がいくので、寒い部屋に置くともっとお水が冷たくなってしまいますよね。寒い部屋でキンキンに冷えた飲み物、飲みたくないですよねー。少し暖かい、もしくは暖かいお部屋に置くのもよいかもしれないですね。

普段からよくいる場所、ごはんの隣、場所を増やしてみるのもあり!

ごはんの後にぬるま湯を用意してあげたり、お湯でドライフードを少しふやかしたり、ウェットフードを少しレンジでチン♪しても良いですし。ポイントはヒト肌より少し温かいぐらいがいいです。

たまに、かつお節や鶏肉の茹で汁なんていうのもいいですね〜。

食欲がないときにもこんな風にすると食べてくれたりもします。

それぞれのお部屋やおうち空間、ネコちゃんの好みや傾向に合わせて、寒さを乗り切りたいものです。

↓ストローで温かいミルクを飲む営業部長

 

 

 

 

 

年末年始のご予約について

昨日は、ハロウィン🎃、ブルーフルムーンでしたね。移動中の車窓から眺めていました。正面に見えたり、右側に左側にと、ちょっぴりパノラミックな感じでした🌕✨

ありがたき幸せもこちらに。すでに年末年始のご予約もいただいております。

特に朝夕と1日2回のお世話の場合は、早くにうまってしまうことが多いので、ご予約は早め早めだと助かりますが、

当店では、原則、お申込み手続きの完了・代金のお支払いをもって【ご予約完了】とさせて頂いております。

キャンセル料につきましては、お世話開始日、当日〜2日前で発生しますため、3日以上空いてのキャンセルも可能でございますが、ご予約頂けなかったお客様への配慮も鑑み、熟慮の上、お申し込みくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

「キャンセル待ち」も受け付けております。受付順に繰上げさせて頂きますため、ご期待に添い兼ねてしまう場合もございますこと、ご了承下さいませ。

だいじな可愛いコ達のお世話にあたってのご連絡事項、打ち合わせなどは随時承っております❣

どんな時でも、優しく温かいお世話を心がけています。「頼んでよかった」「安心してお出かけができた」とおっしゃっていただけるのが、私の大好きなパワーアップフレーズです。

今回はお願いばかりの記事になってしまいましたが、ご勘弁くださいませ。

ごめんね(寝)ポーズ☟

 

 

 

 

 

 

ハイシニア

秋の夕焼け。赤い空に、樹々の薄まっていく緑色。時々空をじーっと見上げるのもいいものです。

当店会長は、いわゆる、ハイシニア。17歳と2ヶ月が過ぎ。

好きな時に起きて、好きな時にごはんを食べて、好きな時に家の中をお散歩して、たっくさん寝て。

マイペースにのんびりと。ヒトと一緒ですね!

いつもの当たり前のことも、ゆったりと。これも長生きの秘訣ですね。会長からの学びは尽きません。

 

 

 

秋の薬膳食材〜れんこん

カラッとした風に、お日さまでフワッとなったお布団。気持ちいいですよねー!

食欲の秋ですね〜🍂

さて、当店会長様は、1日2回のごはんのうち、一回は手づくり食=おかずを食べさせています。

ヒトもコンビニのおにぎりだけで済ませてしまったり、丼ごはんの時もあるように、犬だから、猫だからと、ある程度の栄養知識は必要ですが、丸々別個にという考えは捨てています。所詮、ヒトが口にするものを基に、ドライやウェットフードが作られていますし。

というわけで、お犬様には、一回はきちんとしたバランスのもの(総合栄養食)を、もう一回は、おかずを召し上がってもらってます。

ほぼほぼ同じ食材で、私のごはんも済ませられますし、まさに一石二鳥なんです!

今回は、スーパーに登場し出した、れんこんを使って。

薬膳では、れんこんは、胃腸働きを助ける役割があります。夏の暑さで疲れた胃を保護してくれます。また秋は、白い食材!がいいんです。火照った身体を冷やす、豚肉と一緒に。フライパンで焼くので、平(ちょうど、熱のバランスが取れた状態)になります。

犬のごはんは、こちら↓

れんこんは、輪切りを細かく、チンしてから柔らかくし、豚肉と一緒に炒め、火を止める直前に、ブロッコリースプラウトを入れます。生で食べると栄養価高く、熱を通すと薄れるので。風味づけに、ごま油をポチッといれます。

で、私のおかずは↓

じゃがいも(前回の手づくり食材の残り😅)、れんこんは縦切りにしてサクサクに!鷹の爪やハチミツ、醤油を入れてごま油で炒めて、甘辛に!

という感じで。

手づくりなんて〜って、いや、正にヒトのおかずの延長線なんです。延長というより、味付けしないので、下ごしらえ的な。時短にもなりますしね!

かつての会長、、

当店の会長は、今年の7月に17歳になりました。急にシニアらしくなりましたが、まだお散歩をしていた頃は、近所の子どもからも大人気。こんな可愛いツーショット、いつ見ても、ニンマリしてしまいます。


 

管理部長よりお知らせ〜9月の4連休について

新型コロナウィルスの状況を鑑みて、今月、9月19日(土)〜22日(火)の割増料金は撤廃いたしますので、ここにご案内いたします。

管理部長 武蔵

防災の日に備えたいもの

長い梅雨に、酷暑、そして台風に地震。自然の厳しさに背を向けられない日々が続きますね。

「アメニモマケズ、カゼニモマケズ」ペットを愛して止まない日々も続きます。

防災の日に、非常備蓄品を見直す、期限の迫った非常食を食すご家庭も多いかと思います。

ペットのために備えたいもの、いろいろありますよね。キャリーはもちろん、フード関係、トイレ関係。

一部の方にはご案内していますが、非常持出袋に是非いれておきたいのが、ペットとご家族の方が一緒に写っているお写真

避難所などでわがコをいざ引き取るときに、一番有力な証拠になります。「このとおり!わがコに間違いございません」と主張できる、物的証拠です。

濡れてもいいようにパウチっこするのが一番良さそうですね。

非常食などを入れ替えるのと同様、ペットと一緒に写真を撮るというのを毎年の防災の日の恒例行事とするのもよいかもしれませんね。

川崎市では、ペットの防災手帳を無料で配布しています。備えておきたいもの、ペットへの投薬などなど記載できるようになっています。

一からのノート作りは大変💦是非ご活用下さいませ。

私の手元にも、このペット防災手帳を用意してありますので、ほしい方は、ご遠慮なくお声がけください。

だいじな家族。備えはヒトにしかできません。いざというとき、万が一のときのために、備えあれば憂いなしです!

 

 

 

こんなニュースがありました。

ドイツで犬のお散歩を1日2回することを義務付けする法案が提出されたとCNNニュースで報じられました。

記事はこちら

https://www.cnn.co.jp/world/35158476.html

賛否両論ですね。

 

 

長かった梅雨を終えて

長かった梅雨も終わり、お野菜の高いこと!

雨が多いと、お散歩も大変。雨の中のお散歩あとはもっと大変。

でもこの大変さを大変と思うのではなくて、大切という言葉に置き換えると、辛いのではなく、愛おしいひと時に思えてくるんです。

こんなひどい雨でもがんばったねー。いっぱい綺麗にしようねーと身体を拭いたり、お風呂に入れたり。

一緒に何かをしてやり遂げることって、いつしか大切な思い出に変わるんです。

思い出をたくさん作って、いっぱい大好きを伝えて、そして大好きをもらって。

それがペットちゃんと生活することの醍醐味だと考えています。

 

 

今日は会長のお誕生日🎂

  • 今日は、当店会長、ミーちゃんのお誕生日。17歳になりました。

体重は10キロほどなので、中型犬部類にしてしまうと、人間では98歳になるとか、、、。

今アメリカでは、犬齢は、単純計算ではなく、犬種によって換算年齢が異なってくるという研究が進んでいるそうです。

ご参考までに、記事リンクしますね。

https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2019/11/post-13463.php

https://dime.jp/genre/950919/

会長は店長手作りのケーキをペロリと頂きましたとさ。