ペットのいろいろ

ペットと植物

今回は動物に危険な植物のお話です。
シッティングの際はサービスとして植木の水やりもご希望に応じて行っています。
お客様の中で3割ほどの方が植木をインテリアとして室内に置いていらっしゃいます。
個体差もあり、植木に無関心な犬猫もいますが、じつは結構お留守番の時にいたずらしがちなのが植木です。葉や花びらを噛んだり、植木の土をほじったりしています。
案外植木やお花には毒性があり、注意が必要です。
12月、クリスマスシーズンに多く出回るポインセチア、これにも毒性があります。
植木を購入の際は事前にチェックをしてみてください。

ペットと植物

早食い防止策その2

こんにちは。
今回は早食い防止作戦のお話第二弾です。
早食い防止用に粒が大きく噛まなくでは食べれないドライフードも市販されていますが、ウチの猫はそれさえも丸呑みする、のど越し重視派です。
そのため、器を工夫することにしました。
今は3つの方法で時間稼ぎをしています。
1)前脚を使って少しづつ掻き出す作戦→深さのある瓶に入れる。
2)あっちこっちで食べ歩き分散作戦→器を3個用意する。
3)コロコロ転がし一粒づつ作戦→トイレペーパーの芯に数個穴を開けてフードを入れて置く。
1)と2)はワンちゃんにも応用可能では?
早食いでお悩みの皆様、お試しください。

早食い防止策その2

ハロウィン

こんにちは。
今回はハロウィンのお話。
ハロウィンは今では仮装パーティーで大騒ぎする日になっていますが、そもそもはケルト民族の霊をお迎えする、日本のお盆のような日でした。ただ悪霊や魔女も降りてくると信じられ、悪霊除けとして仮装したり焚火をたいたりしたそうです。
それでは、黒猫がシンボルになっているのはなぜなんでしょうか?
黒猫は闇を連想させ、魔女のパートナーだと信じられていました。なんと魔除けの儀式で焼かれていたそうです!怖い怖い。皆様の黒猫さんも ウチの先代黒猫も 今の時代に生まれて良かったのぅ、と思うこの頃です。

ハロウィン

グレインフリーのピルポケット

こんにちは。
今回は嬉しい新発売のお話。
ウチの猫は毎日の投薬がかかせません。
毎朝、嫌がって逃げるので追いかけっこです。
飼い主も本人も、かなりストレス。
が!出ましたよ。小麦アレルギーの仔も使えるグレインフリーのピルポケット!
そのままだと大きくて失敗しましたが、半分にカットして成功しました。
皆様も是非お試しください。

グレインフリーのピルポケット

オリジナルな癖

こんにちは。
今回は特性(癖)のお話です。
犬は寂しがりやだとか、猫はマイペースだとか、大枠での特性の見方はありますが。
ウチの仔にしかない癖ってありませんか?
例えば、水を飲む前に水面を前脚でかき回す、掃除機で吸われるのが好き、ヘソ天で真っすぐになって寝る、オシッコする時逆立ちをする、などなど。
ウチの飼い猫2匹は、私がくしゃみをすると必ず「にゃにゃ」と言います。品種がアメリカンなので「God bless you」のつもりかな?と勝手に解釈しています。
どの仔もそうだよねと思っていた特性が実は自分の仔特有のものだと知ると、なかなか心がほっこりするものです。

オリジナルな癖

病気の予兆

こんにちは。
今回は予兆を読み取るお話です。
私の飼い猫は1年ほど前からレースのカーテンを噛んでポツポツ穴を空けるようになりました。その頃は変な癖がついてしまったなとしか考えていませんでした。しかし、今思うにそれが予兆でした。
具合がだんだん悪くなり色々病院に通いやっと病気が判明しました。今は毎日ステロイドを飲んでいます。胃潰瘍も出来ていました。きっと胃のむかつきに耐えられず、カーテンを噛んでいたのでしょう。治療を始めたら噛まなくなりました。
いつもと違う行動はひょっとしたら病気の予兆かもしれません。身体の不調を気にしてあげて下さい。

病気の予兆

エンジェルマーク

こんにちは。
今回は被毛のお話です。
エンジェルマークをご存知ですか?チョコボールではありません。
黒猫は身体のどこかに白い毛が生えているスポットがあります。それをエンジェルマークと言うらしいのです。私の先代飼い猫、黒猫シエスタも下腹にありました。画像は彼のセクシーショットです。
先日、いつもは隠れているお客様の黒猫さんが珍しく姿を見せてくれました。彼には太腿にありました!見つけた時はなんだかワクワクします。
皆様の黒猫さんにはどこにありますか?

エンジェルマーク

お好みの空調

こんにちは。
今日はお部屋の空調管理のお話です。
お世話に行く際はお打ち合わせでお部屋の空調についてもご相談します。
特に猫さんはクーラーや暖房が苦手な子が多いようです。お部屋が2つある場合は一方だけつけて、場所を選べるようにすると良いです。
動物園でも中と外、行き来を自由にしているようです。
ちなみにウチの飼い猫は揃って暑がりで寒がり。クーラー、暖房大好きです…。

お好みの空調

早食い防止

こんにちは。
今回はご飯の食べ方について。
皆様は一日何回に分けて与えていますか?
ウチの飼い猫の場合は7回です。
何故なら…早食いだからです。
多頭飼いだと、同居猫に奪われないように早食いになる傾向があるようです。
そんな訳で早食い防止をいろいろ考案する日々。
回数を増やして、小さいお皿に少しずつ、手に持って揺らしてみたり…しています。
成功するも、爪が刺さるのが難です。

早食い防止

突発性膀胱炎

こんにちは。
お客様の猫さん達にちらほらお聞きする、原因がわからない血尿や膀胱炎についてのお話です。

先日、ウチの飼い猫、女子シナモンも膀胱炎になりました。
尿検査、クレアチニン比UPC数値にも幸い問題無しでした。
獣医師にお勧めいただき、今日から飲み始めました「ジルケーン」。薬ではなく、犬猫用栄養補助食品です。
なんだかわからない血尿の際は獣医師さんに相談されてはいかがですか?

ジルケーン

2021年8月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031