ホーム>ペットの豆知識>猫のこと>スリスリしてくる猫の気持ちとは?
猫のこと

スリスリしてくる猫の気持ちとは?

豆知識300410
 
猫がスリスリと身体を擦りつけてくる時、何とも愛おしく感じ飼い主冥利に尽きるものです。
 
ほんとうに疲れもどこかに飛んで行って癒されますね。
 
「そうか、そうかー。いなくてそんなに寂しかったかぁ。ごめん、ごめななぁ」何て言葉をかけてしまいます。
 
さて、猫はどんな気持ちでスリスリしてくるのでしょうか?
 
猫のスリスリの心理に迫ってみましょう!

まず知っておきたい猫のマーキング

猫にはマーキングといって自分のにおいをつける習性があります。縄張り意識の強い動物なので自分のにおいに囲まれていると安心するようです。それで自分の場所を確保するためにマーキングをします。猫が家好きなのもうなずけますね。
 
マーキングといえばおしっこをかけることを連想するかもしれませんが、猫のおでこ、口周り、肉球、お尻に臭腺(しゅうせん)と呼ばれる猫独自のにおいを出す器官があり、人間には嗅ぐことのできないかすかなにおいをスリスリさせて付けることができます。
 

吾輩のものであるスリスリ

部屋をぐるっと一周しながら壁や家具に身体をこすりつけてにおいを付けることで猫は自分の縄張りを確保し、この空間は吾輩のものであると主張しています。
 
飼い主にスリスリしてくるのは「あなたは私のものよ」と主張しているのかもしれません。
 
帰宅した時、お風呂上りなどに激しくスリスリしてくるのは、自分のにおいが消えてしまったのでつけ直しているのです。面倒くさいなと思っても、そんな時には思う存分スリスリさせてやってくださいね。
 

大好きスリスリ

しっぽを立ててスリスリしてくるのは親愛の情の表れであるとされています。ある専門家によると、このしぐさは愛猫独特のもので野良猫には見られない行動だそうです。
 
猫にも赤ちゃん返りのような感覚があるようで、急に飼い主に甘えたくなりスリスリ行動に出ると言われています。リラックスしている時にも甘えてきますよね。
 
単にあいさつでスリスリしてくることもあります。そんな時には撫でながらあいさつに応えてやりましょう。
 
しっぽを立ててスリスリしてくる時、それはかまってほしいというサインですから、猫が満足するまで撫でてやりましょう。でも猫は構われ過ぎるのも嫌いですから目やしっぽをみて適度でやめるようにするとよいですね。
 

おねだりスリスリ

「お腹空いたよー、ごはんまだ?」「遊ぼうよ~」「トイレを掃除して」「撫でて」など何か要求がある時に見られるスリスリ行動です。猫はとっても甘え上手で、身体をいっぱいにつかっておねだりしてきますね。
 
何か食べたいスリスリの場合はえさやおやつの与えすぎに注意しなければいけません。催促スリスリにいつも応えていると肥満になることがありますから、こんな時には心を鬼にする必要があります。
 

家猫しかスリスリしない!

野良猫はスリスリする行動をとらないそうです。つまり、スリスリするのは飼われている家猫だけなんですね。
 
猫が信頼している飼い主や家族にだけスリスリするのであれば可愛さ百倍ですが、人懐こい猫であれば誰にでもスリスリすることがあります。これは懐いているというよりは自分のにおいがしないので落ち着かないためにしている行動です。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.pet-ss.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/96