ホーム>ペットの豆知識>2018年3月

2018年3月

散歩中に突然むしゃむしゃ!?犬が草を食べる理由って?

豆知識300303
 
散歩の途中に愛犬が突然道端の草を食べ始めた!そんな経験がある人も少なくないはず。
 
犬は本来雑食ですが草を食べる習慣はなく、お腹が空いたから食べる…というわけではありません。
 
それではなぜ道端の草を食べるのでしょうか?
 
その理由と、気を付けるべきポイントについても触れてみたいと思います。

犬が草を食べる理由

道端に生えているもので、犬が主に食べるのはイネ科の植物。これには利尿作用や代謝を上げる効果があるとされています。
 
◆胃腸の調子が悪いとき
◆誤飲したものを吐きたいとき
◆葉酸不足を補うため
◆ストレスがたまっているため
 
これらが主な理由だといわれています。どれも犬にとってあまり良いものではないことが分かりますね。
なかでも胃がムカムカ・胸やけしているときに食べる犬が多く、草で胃を刺激することを目的にしていると考えられています。人間でいう「胃薬」のような感覚で草を食べているのですね。
また、ストレスが原因で草を食べているケースは要注意。飼い主の声も聞こえなくなるほど一心不乱に草を食べるような素振りをみせる時はストレスが原因となっていることが多いです。
草を食べた後の嘔吐が習慣化すると栄養不足や脱水症状も懸念されます。犬は思っている以上にデリケート。日常生活の中でストレスの原因になっているものがないか注意深く観察しましょう。
 

食べちゃいけない草もある

草なら何でも食べて良いわけではありません。なかには犬にとって毒となる成分を含む草もあるので注意が必要です。
 
◆あさがおの種子
◆あじさいの葉・つぼみ
◆マリーゴールド
◆アロエ
◆スイセン
◆ツツジ科全般
◆ユリ科全般
 
犬にも防衛本能があるので食べることは少ないですが、これらの植物には毒性があるので気を付けてください。一度口にしてしまうと特効薬となるものがなく、排泄されるのを待つ以外に方法はありません。
また、それ以上に注意が必要なのが除草剤や殺虫剤。人間にとっても猛毒となりうるこれらは、犬の体内に入ると最悪死に至ることもあります。除草剤を撒いたあとの公園などには貼り紙や看板などで注意書きがされていることが多いので、飼い主がよく注意して見る必要があります。
 

健康な犬はほとんど草を食べない

心身ともに健康な犬はほとんど草を食べることをしません。散歩の途中で草を食べ始めたら何らかの不調を疑うことが大切。その原因を早期につきとめるように心がけましょう。毒性のあるものや除草剤・殺虫剤が付着した草以外は無理に食べさせるのを止める必要はありませんが、それが毎日のように続くなら動物病院の受診も視野に入れてください。
また、ペットショップなどでは食べても安全な犬用の草を販売しています。試しに購入して、ワンちゃんに与えてみるのも一つの手段。こうした些細なシグナルを見逃さないことが、ペットの長生きにも繋がるのです。