ホーム>ペットの豆知識>猫のこと>猫のゴロゴロはメンタルの癒し効果だけでなく、外科治療にも!
猫のこと

猫のゴロゴロはメンタルの癒し効果だけでなく、外科治療にも!

豆知識300130
「アニマルセラピー」という言葉があるとおり、猫と触れ合うと気持ちがほこっと癒されたりするのは誰にでも経験のあることだと思います。
 
実はこの猫のゴロゴロ音にはスゴイ効果があり、メンタル面だけでなく、骨折や怪我の治療にも効果があると科学的にも証明されているのです。
 
今回は猫先生のゴロゴロセラピーについてご紹介したいと思います。

猫はなぜゴロゴロと喉を鳴らすの?

猫が喉をゴロゴロと鳴らすのは生後2日目からであると言われています。生まれたばかりの子猫は視覚や聴覚が発達していませんから、母猫は子猫のそばに近づく時にゴロゴロと喉を鳴らしてサインを送ります。「ママはここにいますよ。おっぱいをあげましょうね。」そして、子猫は「ママー、お腹空いたよー。早く来て。」とお返しゴロゴロをします。つまり、ゴロゴロは母猫の子猫のコミュニケーションであるとされています。
 
でも、ゴロゴロの意味は成長するにつれて変わっていきますので、近々ご紹介したいと思います。
 

ゴロゴロ音が及ぼすメンタル面での効果

猫のゴロゴロ音の周波数は25ヘルツの低周波です。20~50ヘルツの音は副交感神経を優位にする働きがあります。また、低周波にはハッピーホルモンと言われる「セロトニン」を分泌させる効果もあります。猫のゴロゴロ音には自律神経やホルモンバランスを整える驚きの効果があるのです。
 
ゴロゴロ音の低くて細かい振動を伴う周波数には人の血圧を下げたり、不安を和らげたり、ストレスをなだめたりする強い効果があるので、免疫力や自然治癒力を高める副作用のない薬とまで言われています。
 
フランスでは、「ゴロゴロセラピー」が医療に取り入れられています。ちなみにフランスでは、猫のゴロゴロのことを「ロンロン」と表現するので「ロンロンセラピー」と呼ばれています。
 
日本でもセラピーキャットが医療や介護の現場で活躍し始めています。ゴロゴロ音効果だけでなく、「猫のように好き勝手にしたいな。自由にしたいな。」と憧れたり、自己投影したりすることでがんじがらめになって病んでしまった人たちを癒しているようです。また、「逆セラピー」といって猫の世話をすることによって患者の癒しにつながることがあります。癒し、癒される関係になり、絆が深まることで感情の交流が生まれ、回復や治癒につながるケースも少なくないようです。
 

ゴロゴロ音が骨折やケガにも効果アリ!

猫のゴロゴロと鳴く周波数は骨の形成を促進したり、強化したりする周波数とほとんど同じであるとされています。骨に刺激を与えて新陳代謝を活発にする働きがあります。
 
昔から猫は骨折をしても他の動物の3倍の速さで回復することは知られており、その原因はゴロゴロ音による振動が挙げられていました。それで医学界は猫のゴロゴロに注目し、今では猫のゴロゴロ音の周波数からヒントを得た超音波による医療器が開発され、骨折治療に使われています。
 
「超音波骨折治療法」と呼ばれるもので、サッカーのベッカム選手や野球の松井秀喜選手が骨折治療の際に用いて驚きの回復を見せたことで注目されました。
 

おわりに

猫に癒されるのは分かっていましたが、ここまでの効果、そして科学的な証明があるのに驚かれたかもしれません。ストレスの多い社会です。疲れた時には、猫ドクターのほっこり治療を受けに猫カフェに行くのもいいかもしれませんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.pet-ss.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/89