ホーム>ペットの豆知識>ペットシッターのこと>ペットはどこに預ける?ペットシッター、ペットホテルの違い
ペットシッターのこと

ペットはどこに預ける?ペットシッター、ペットホテルの違い

豆知識020
ペットは家族と同じくらい大切な存在だと考えている方であれば、外出時、不在時にペットができるだけ寂しがらせないよう、しっかりとしたケアをしてあげたいと思いますよね。
 
そんなときに心強い味方となってくれるのが、ペットを預けることができるペットホテルとペットシッターです。
 
この2つは、似たようなサービスだというイメージをお持ちの方も多いようですが、実際のサービス内容は大きく違いがあります。
ここでは、ペットシッターとペットホテルの違いやそれぞれのメリットとデメリットについてご説明します。

ペットシッターとペットホテルとは

ペットシッター

ペットシッターとは、赤ちゃんの世話をするベビーシッターと同じように、ペットのためにシッターさんが自宅訪問してくれるサービスです。
シッターさんが指定した時間に自宅を訪問し、ペットの食事やトイレの世話、散歩などを飼い主の代わりにしてくれます。
 

ペットホテル

ペットホテルとは、ペットを預けることができる施設で、動物病院やトリミングサロン、ペットショップなどが運営を行っているケースが多く見られます。
基本的にはペットを一頭ずつケージへ入れて、個別に世話をするというスタイルですが、最近は、広い部屋に宿泊するペットを集めて一緒に世話するタイプや、人間が宿泊するような豪華なお部屋でペット1頭を世話するタイプなど、様々なプランを選べるようになってきました。
 

どんなサービスをしてくれるの?

ペットシッターサービスの特徴

ペットシッターの主なサービスは、飼い主の自宅へ訪問し、ペットの世話をすることです。通常は一時間単位でシッティングを依頼することが可能で、朝・昼・晩一回ずつなど、必要に応じて時間や回数を設定することができます。基本的には、食事やトイレ、散歩の代行などがサービスの対象となります。
 

ペットホテルの特徴

ペットホテルは、ペット宿泊専門の施設へペットを預けられるサービスです。ペットサロンや動物病院が運営していることが多いため、食事やトイレ、散歩の世話だけでなく、トリミングやペットマッサージなどを依頼が可能なこともあります。
最近はペットの送迎やトリミングなどのオプションが充実していたり、出張の際に利用がしやすいように、駅や空港に直結しているペットホテルなども増えてきていますので、ニーズに合わせて預ける場所を選ぶといいでしょう。
 

ペットシッターのメリット・デメリット

メリット

・自宅でお世話をしてくれるので、ペットがストレスや不安を感じづらい
・自宅へシッターが訪問するため、ペットの送迎が必要ない
・他の動物と一緒に世話をされないため、病気の感染を心配しなくてよい
 

デメリット

・シッターが帰ってしまった後に急病になったときなど、緊急時の対応が難しい
・医療行為に対応したサービス提供会社が少ない
・鍵を預けることになるため、セキュリティ面の不安を感じる場合がある
 

ペットホテルのメリット・デメリット

メリット

・一日中、ペットの面倒をみてもらうことができる
・動物病院やペットサロンが運営している場合、緊急時の対応がスムーズ
・様々なニーズに合わせてホテルを選択することができる
 

デメリット

・飼育環境が変化するため、ペットがストレスや不安を感じやすい
・ペットホテルの施設までの送迎が必要
・他の動物から病気を貰うなどのリスクがある
 
旅行や出張などで、ペットを残して家を空けなければいけない場合、大切な家族であるペットの世話はどうすれば良いか、悩んでしまいますよね。
ペットシッターやペットホテルは、そのような飼い主の悩みを解消するために生まれたサービスです。上手に利用して、ペットがストレスや不安なく過ごせる環境を用意してあげましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.pet-ss.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/15