2020年11月18日

寒さ対策〜猫編

朝晩の冷え込みで、ニャンズ(猫ちゃん達)とお布団の温もりが心地よい日が多くなってきましたねー。

寒さ対策と言えば、おコタツやホットカーペット、エアコン、ストーブにフカフカのベッドを思い起こす方は多いと思います。 

ただ暖かい場所を作るだけでなく、ニャンズが快適に過ごしてもらえるよう、ニャンズが移動できる全ての空間、お部屋もしくは家の中で、暖かさの強弱を作ることもだいじなんです。

これはニャンズに限らず、ワンちゃん達にも。

例えば、お部屋の中。キャットタワーや棚の上など高い場所に移動できるようであれば、そこにエアコンの暖かい風がいくようにしたり。足元は冷たい空気が回るので、あんかをいれたフカフカベッドを床面に置くなど。お部屋の上部と下部で暖かさの差をつけて、空間の中間あたりは、普通のベッドやボアなどの毛布を置いてみたりなんていう空間づくり。

こうすると、ニャンズは、その日、その時の体調に合わせて、自分で心地よい場所を見つけてくつろいでくれます。

アンカを入れたベッドの代わりに、ホットカーペットや床暖の上に、静電気の起こりにくい、綿のタオルケットなどを置いても良いかと思います。

そしてニャンズに一番気をつけたいと言ってもいいくらいの【水分摂取】。

床面に直接、ボウルにお水を入れて置いたり、ペットテーブルなどに置いてあるおうちもあるかと思います。

床面は一番冷たい空気がいくので、寒い部屋に置くともっとお水が冷たくなってしまいますよね。寒い部屋でキンキンに冷えた飲み物、飲みたくないですよねー。少し暖かい、もしくは暖かいお部屋に置くのもよいかもしれないですね。

普段からよくいる場所、ごはんの隣、場所を増やしてみるのもあり!

ごはんの後にぬるま湯を用意してあげたり、お湯でドライフードを少しふやかしたり、ウェットフードを少しレンジでチン♪しても良いですし。ポイントはヒト肌より少し温かいぐらいがいいです。

たまに、かつお節や鶏肉の茹で汁なんていうのもいいですね〜。

食欲がないときにもこんな風にすると食べてくれたりもします。

それぞれのお部屋やおうち空間、ネコちゃんの好みや傾向に合わせて、寒さを乗り切りたいものです。

↓ストローで温かいミルクを飲む営業部長